カテゴリー別アーカイブ: 【Good/Very Good】

キルホーマン 100%アイラ 2019年リリース 9thエディション

力強い麦の味、しっかりと仕上がったキルホーマンです。

Kilchoman 100% Islay 9th Edition (OB, bottled in 2019, 50%)

香りはフレッシュなグレープフルーツ、少しマスカット、バタースコッチ、ピーティさはあるが強すぎない、少し藁灰のニュアンス。

味わいはややオイリーな口当たりからバタースコッチ、皮付きのグレープフルーツ、軽めのスモークネスとピート、ミドルから麦の甘みと旨味がしっかり、スモークチーズのニュアンス、柑橘とピートが合わさり複雑さをもったフィニッシュ。

【Good/Very Good】

キルホーマンの100%アイラシリーズ、2019年で第9版までやってきました。

知り合いの間でなかなかに美味しいという触れ込みだったため試してみましたが、確かに良い味を出しています。キルホーマンもついにここまできたか! という感じ。

バーボン樽熟成の良いフルーツ感に強すぎないピートとスモーキーさが加わりいい塩梅に仕上がっている印象。少しだけ若さを感じるニュアンスもあるものの、それは嫌な方向に振れておらず個性的な味づくりのひとつとして貢献しています。麦の旨さが甘みとともに感じられ、ああ、ウイスキーってやっぱり大麦の酒なんだな、と感じさせてくれるところが良いですね。

飛び抜けてフルーツが感じられたり、目のさめるようなピーティさがあったりするわけではありませんが、堅実でバランスの良い、そしてなによりアイラ島のモルトらしさをしっかりと感じさせてくれる、そんなボトルでした。


100%アイラシリーズについてはもはや説明不要かとは思いますが、麦の栽培から製麦、蒸溜、熟成、そして瓶詰まで全工程をアイラ島で行ったシングルモルト。キルホーマンは元々農場だった設備を買取って蒸留所にしたわけですが、計画をしっかりと実行に移して、しかも高いレベルにまで持っていっていったことは本当に素晴らしいことだと思います。

蒸留所自体は非常に小さいですが、周りの農場では大麦を栽培したりと敷地自体はかなり広め。

フロアモルティングもそこまで広いわけではないですが、主に100%アイラ向けになるのでしょう、自工場内で製麦を行っていました。

キルホーマン蒸留所は、2010年に初めて訪れたときには結構閑散としていてあまり認知されていない感じでしたが、2016年に訪れた際にはビジターもかなり多くなっていて、しっかりとアイラ・モルトの一員として認められている感がありました。アイラの他の蒸留所に比べればまだまだ歴史の浅い蒸留所なわけですが、ここまで質が高まってきたのであれば、もはや同じ土俵でしょう。

10thはどのように仕上げてくるのでしょうね。来年の楽しみがひとつ増えました。

メーカーズマーク プライベートセレクト by 信濃屋 and Scott

特別なストーリーを持つメーカーズマーク、中身もしっかり美味しいです。

Maker’s Mark Private Select OAK Stave Selection by SHINANOYA and Scott 53.8%

香りは爽やかな木の香り、メープルシロップ、レモンやライムのような酸味、バニラエッセンスと僅かにチョコレート。

味わいはやや落ち着いた立ち上がりで、メープルシロップ、カシューナッツ、やや渋みの抜けきらない柿、ダークチョコレート、ミドルからどっしりとした木樽、煮出した紅茶、焦がしたクローブにシナモン、ブラックペッパーとチョコレートが残るフィニッシュ。

加水すると甘さよりも紅茶とタンニンの強さが前に出てくる。ストレートでも口当たりは強すぎないため、加水は少量に留めるのがベターか。

【Good/Very Good】

信濃屋のバイヤーズチームが選定した、バーボンの名門メーカーズマークのスペシャルプログラム、プライベートセレクトの第二弾です。

このプログラムのために選ばれた特別な原酒を
5種類の個性豊かな「インナースティーヴ」を
自由に10枚組み合わせたオリジナルバレルに移し替え
約9週間、ライムストーン造りの専用セラーで後熟を施します。

ボトルの詳細はこちらのページを参照していただくのが宜しいかと。どのような経緯でこのボトルが出来上がっていったのかが詳細に記録されていて、こういう情報が見れるのはとても珍しく、一見の価値ありです。また、このボトルが特別でワンオフものだということがよく分かり、ゲットした身としては嬉しい情報です。

味わいは上記テイスティングノートの通りなのですが、全体的にどっしりとした重量級な味わい。メープルシロップ、紅茶のタンニン、ややナッティ+落ち着いたスパイス感、といったあたりが楽しめる、嫌なところのない美味いバーボンです。ライ麦を使わず冬小麦を使うというマッシュビルのおかげか、自分が少し苦手な酸味や草っぽさが抑えられメロウでリッチな傾向。自分が思い描くバーボンらしいバーボンである一方で、どっしりと飲みごたえもあって良い味わいです。

実は上述の紹介ページの詳細やテイスティングノートはほとんど見ていないままのテイスティングだったのですが、

『深みのあるアロマと一体感、穏やかながら長い余韻を楽しめるMo主体の仕上がりの、
ダーク系メーカーズマーク。1/1000の新たな物語を是非お試し下さい』

というコメントの通りの味わいで、なるほど納得でした。

ここ最近、バーボンで今回のようなウイスキーショップのプライベートボトルをいろいろと見ることが増えてきました。アメリカ国内では現地酒屋向けなどが 以前からあるようですが、 基本的には米国内での流通。それらのボトルを個人が輸入したり、それこそ信濃屋さんが以前に引っ張ってきたフォアローゼスなど、日本でも幾つか見かけるようになってきています。

そして信濃屋さんは、去年に引き続きプライベートセレクトの第二弾ということで、着実にそのコネクションを広げて行っている様子。そこには余人には想像し難い様々なハードルがあることと思います。そうした諸々を乗り越えて良いボトル、面白いボトルを提供して頂けるというのは本当に有り難いことだな、と。

そういった樽選定やボトリングなどの部分は、(蒸留や熟成の神秘的な点で)厳かに語られる製造プロセスに対して割と軽視されがちな部分でもあるのですが、誰がどのような想いで選び詰めたボトルなのか、ということも同時に大切なストーリーだと思うのです。

そのあたりが気に入ったこともあって、普段はあまり手を出さないバーボンでしたが、一本ゲットさせて頂きました。これからも様々なボトルを日本のウイスキー好きな方々に提供して頂きたいですね。

アードモア 14年 2002-2016 G&M カスクストレングス

フルーツとスモークネス、アードモアは2000年代でも良い仕事しています。

Ardmore 14yo 2002-2016 (G&M “Cask Strength”, Refill Sherry Hogsheads #935, 936 & 938, 57.5%)

香りはパイナップル、もったりとしたポリッジ、い草、サイロ、燻したベーコンのニュアンス。

味わいはパイナップル、あんずジャム、スキムミルク入りのポリッジ、ミドルから刺すようなアルコール感、ソテーしたマッシュルーム、乾燥したようなピーティさ、スモーキーさと若干のフルーツ感が残るフィニッシュ。

【Good/Very Good】

G&Mのカスクストレングスシリーズから、2002年蒸留のアードモアです。このシリーズによく見られる複数樽のヴァッティング、樽はリフィルシェリーのホグスヘッドで3樽分を混ぜているようです。#937だけが飛んでいるのが謎ですね。高品質でシングルカスクにまわしたか、あるいは樽の種類が違ったのか。あれこれ考える余地があるのは面白いものです。

味わいは比較的穏やかな立ち上がりでしたが、ミドルからは荒々しいというかチクチクするような刺激的な味わい。樽感の強さとも違う、純粋にアルコールの強さという感じ。加水するとフルーツ感と程よいスモークネス、ピート感が合わさって美味です。少し加水がおすすめ。

最初に感じるパイナップルやあんずのような酸味を伴う甘さのフルーツは割と強め。アイラモルトとは若干違う乾いたようなピート感が、やはり本島内陸系の蒸留所由来なのかな、と思うところです。

よくまとまっていて、突出した素晴らしさというよりは全体的に卒なく一定のレベルに達しているようなボトルでした。

こういうフルーツとピートというとボウモア蒸留所の得意とするところのようにも思いますが、1993年頃の蒸留からボウモアの評価がかなり上がっていった裏で、一部のアードモアも同様のフルーツ&ピートを持っていました。2匹目のドジョウというわけではありませんが、同様のものを求める愛好者がアードモアにも惹かれていくことが多かったように思います。

よくブラインド・テイスティングで、ボウモアと思わせてアードモア、いや実はやっぱりボウモア、というやりとりもありました。なかなか当てるのは難しい問題だったと思いますが、出題者の意図を深読みしすぎると大抵は良くない方向になりますね。良い教訓でした。

グレン・グラント 1995-2017 ウィームス Gourmet Granola

爽やかなラムネを思わせるグラントでした。

Glen Grant 1995-2017 “Gourmet Granola” (Wemyss Malts, 2nd Fill Barrel, 55.5%)

香りはラムネ、サワーヨーグルト、薄い紅茶、ライスパフ、メープルシロップ、水仙のような花のニュアンス、微かにファイバーパイナップルのようなニュアンス。

味わいは優しいアタックでラムネ菓子の後、ボディで強くメープルシロップの甘さ、炭酸強めのラムネ、ミドルから後半に穀物感と微かにパイナップルシード、少し溶剤のニュアンスが残るフィニッシュ。

【Good/Very Good】

ウィームスからグレン・グラント、「グルメ・グラノーラ」と銘打たれたバレル熟成のモルトです。ウィームスは基本的には加水が多く、その加水が巧いという印象のあるボトラーズですが、このボトルはカスクストレングス仕様となっています。

やや酸味のある炭酸飲料のような香り立ち、飲んでもラムネのような不思議な酸味が印象的ですが、後半にかけてほんのりと穀物感とパイナップルシードで名前の通りグラノーラ感もありました。個人的には、このやや主張する酸味と、穀物感あたりが最近のグラントらしいニュアンスとして捉えていて「あ、ボトラーズだけど、やっぱりグラントっぽい」と認識した部分です。

それにしてもこのラムネ感は面白い。セカンドフィルのバレル熟成ということですが、まだまだしっかり樽が活きている感じが伝わってくるような、やや強めで直線的な香り立ち。グラスに注いだ瞬間から部屋に広がるアロマを感じると「おっ、活き活きしているな」と思います。比較的小さいバレルで22年熟成ということもあり、それなりに強めに樽のニュアンスが乗っているのかもしれません。

ウィームスは基本的に加水が多い中で、あえてカスクストレングスでこのボトルをリリースした意図を訊いてみたいところですね。自分で加水した限りでは、やや酸味の主張が強くなる傾向があったため、穀物感を残すには加水しないほうが良いと判断したのでしょうか。

ブナハーブン 1987-2018 “An Antique Armchair” ウィームス カスククラブ向け

香りが独特のシェリー爆弾でした。

Bunnahabhain 1987-2018 “An Antique Armchair” (Wemyss Malts for Cask Club Release 2, Ex-Sherry Butt, 46%)

香りはイチゴシロップ、カボチャの皮、味醂と甘やかな醤油、ポリッシュしたアンティークテーブル、革張りの家具感が確かにある。
味わいは優しい味わいで枝付きレーズン、マーマレード、濃く煮出した紅茶、大量のクローブ、樽感強く炭のニュアンス、ニガヨモギ、カカオ80%のチョコレート、非常にビターだが濃厚プルーンの甘さも感じるフィニッシュ。

【Good/Very Good】

ウィームスから30年ほどの熟成となるブナハーブン、「アンティーク・アームチェア」と銘打たれたシェリーバット熟成のシングルカスク。ウィームス・カスククラブという、コミッティというかファンクラブのような位置づけでしょうか、そのクラブメンバー限定でリリースされたボトルです。

醤油とみりんのあわせ技のような独特の香りは、近年系のシェリー樽に30年という長期熟成の賜物でしょうか。しょっぱさではなく甘さを感じさせる香りに、どことなく古びたニュアンスが漂っていて、ああこのあたりがアンティークの家具っぽさかな、と納得。味には意外と醤油っぽさはありませんが、かなり強めの樽感を伴った近年系のシェリーが支配的。ドライでスパイシー、口の中の水分が持っていかれそうな感じです。

こういうのはヨーロッパというか、特にドイツあたりで人気が出そうな「シェリー爆弾」ですね。好きな人はとことん好きそうな内容ですが、自分からするとちょっとこれは行き過ぎているかな、と。ある意味、ターゲットの客層がどのあたりか、というのが明確になっている良い例かと思います。

クラガンモア 15年 蒸溜所限定 150周年記念ボトル

特別感と素朴さが同居した記念ボトルです。

Cragganmore 15yo (OB, 150th Anniversary, Double Matured in American Oak, 48.8%)

香りは酸味のあるベリー、ブラックカラント、マーマレード、バニラエッセンス、焦げた木片、苔玉、獣の革のニュアンス。

味わいは心地よい強さのバニラアイス、強い甘味のマーマレード、煮出した紅茶、カシューナッツ、紅茶のタンニンにピリピリとしたホワイトペッパー、マーマレードが続くフィニッシュ。

【Good/Very Good】

今年2019年に操業から150周年となるクラガンモア蒸留所。その記念となる蒸留所限定のボトルがこちら。

全体的に綺麗めの味わい。素朴で強く主張しすぎないけれども、落ち着いた華やかさがあるような、ちょっと気品のあるような。48.8%というやや高めの加水もあって飲みごたえもあります。

色合いや香味の最初の印象はバーボン樽とシェリー樽を80:20で混ぜたような印象でしたが、ラベルにも書かれている Double Matured in American Oak という、ヘビーチャーしたバーボン樽による二段熟成がこのボトルのキャラクターを形作っているようです。カシスのような酸味のあるベリー感と煮出した紅茶のような香味成分はこのあたりから来ているのでしょう。普通のバーボン樽とはひと味違うところが面白いですね。

クラガンモアというとディアジオ系列の中ではスペイサイド地域の代表となっているわけですが、スペイサイドと言っても蒸留所ごとにそのキャラクターはかなり異なるわけで、なかなかひとくくりで語ることはできないように思います。とはいえ、典型的なイメージの花や果物のような華やかさと、野暮ったさのない綺麗めの洗練されたイメージは、ある程度当てはまっていると思います。王道的な味わいですが、それだけに飽きが来ないで飲み続けられるというもの。本ボトルも、特別感はあるもののあえて過美にならない程度の味付けで、2杯3杯と付き合っていける、そんな佇まいです。

クラガンモア全景。意外とこじんまりとしている。

クラガンモア蒸留所はスペイサイドという括りでもかなり西の端に近い場所にあります。中心地のエルギンやロセス、クライゲラキなどの町からもそれなりに距離があるため、意外と人気が少ないところ。ビジターセンターも最小限で、あまり垢抜けていないところが味わいにもあるような素朴さを体現しているかのようです。

このボトルを買おうかどうかと思案しているところに、若いスタッフのお兄さんが特別にちょっとだけ試飲をさせてくれました。味の印象も良く、名前だけの記念ボトルじゃなさそうだと分かり購入させて頂きました。他にも色々と気の利く人で、クラガンモア蒸留所の自分内の好感度がアップした日でした。

J&B ウルティマ ブレンデッド・ウイスキー

究極のブレンデッド、その名前は伊達じゃありませんでした。

J&B Ultima (Blended Whisky, bottled in 1994, 43%)

香りは透明感のある穀物、洋梨、和梨、微かに白桃のようなニュアンスも、ニス、埃っぽいアンティーク家具、全体的に穏やかだがフルーツ感がしっかりしている。

思ったよりも芯のあるアタックから、トロリとしたメープルシロップ、サクランボ、洋梨、バナナシェーキなど多彩なフルーツ、軽めの樽感、穏やかに染み込むように消えるフィニッシュ

【Good/Very Good】

J&B ウルティマ。名前は聞いたことがありましたが飲んだことはありませんでした。合計128蒸留所(116蒸留所のモルトと12蒸留所のグレーン)で構成される「全部入り」。リリースは1994年とかなり昔になりますが、2000年代にはまだ普通に手に入ったように記憶しています。2010年頃にはさすがに見ることが無くなりました。今ではリユース市場でちらほら、といったところでしょうか。

ブレンデッドらしくまろやかで角が無い飲みやすさの一方で多彩なフルーツが感じられ、嫌味のなさと味わいの奥深さ、やや陶酔感もあるような飲んでいて満足感のある味わい。流石に「究極」の名を冠しているだけありますね。これだけたくさんの原酒を使って、しかしこれだけの美味しさを醸し出すのは一筋縄ではいかないはず。ブレンダーの手腕が問われるわけですが、見事な作品だと思います。

香味の方向性としては、いくらかバランタイン30年(1990年代ボトル)に似ているでしょうか。自分がそのあたりを飲んだ経験が多いから、というのもありますが、全体的に穏やかで磨き抜かれて仕上げられた宝石のような高級感のある味わいは共通項があるように思います。


それにしても、こんな企画、誰でも一度は思いつきはするものの、実際に実現してしまうなんていうのも凄い話ですね。リリースされた1994年は、スコッチウイスキーの「500周年記念」ということで、このようなある意味お祭り的なボトルが成立したのでしょう。

何ゆえ500周年かというと、1494年のスコットランド王室財務省文書のに記録にある 「ジェームズ4世の命により、修道士ジョン・コーに 8ボルの麦芽を与えてアクアヴィテをつくらしむ」という一文。ご存知の方も多いと思いますが、これがスコッチウイスキーの最古の記録となっており、起源であると考えられているからです。1994年はそこから500周年という節目だったというわけです。

そのジョン・コーが居た修道院というのがリンドーズ・アビー(Lindores Abbey)で、修道院自体は今は廃墟となっているのですが、2017に修道院のすぐ隣に蒸留所が稼働を始めました。

リンドーズアビー蒸留所の外観。外壁の岩は修道院廃墟のものや同産地のものを使用しておりクラシカルな印象が一層引き立つ。

2019年8月に実際に訪れてみましたが、周囲は大きな町などからも遠くのどかな牧草地帯。蒸留所の中には先程のジョン・コーも含めウイスキーと修道院にまつわる歴史に関する展示があります。この部分の見学だけでもかなりの時間を要するので、しっかりと見たい方は時間を長めに取っておくことをおすすめします。

ポットスチルとガラス越しに見えるリンドーズ・アビーの組み合わせはちょっとフォトジェニックで素晴らしい景色。外からもガラス越しのポットスチルは映える風景ですね。修道院の廃墟にも入ることができ、昔の名残を感じられたりと、とにかくいろいろな体験ができる場所になっていて楽しい場所でした。まだまだ新興の蒸留所ではありますが、訪れる価値は十分にある場所です。

まだ3年未満なのでウイスキーは飲めませんが、蒸留したニューポットの香りを試した限りでは、しっかりとフルーツや花の香りが乗っていて、嫌なニュアンスはほとんど無くスタンダードながら良いクオリティの原酒でした。2020年の12月で稼働から3年となるので、2021年には満を持してリンドーズアビーの「ウイスキー」がリリースされる予定です。スコッチの起源から再び生まれたウイスキー、期待して待ちましょう。


J&B ウルティマはモルト仲間のDrinker’s Loungeさんから小瓶でいただきました。ドリラジさん、ありがとうございました!