カテゴリー別アーカイブ: 【Okay】

ハイランドパーク ニューメイクスピリット

HighlandPark New Make Spirit Drink (Official Bottle Distilled-2010.02 Bottled-2010.03 50.0%)

香りは焼酎、もわっとする少し乳製品っぽさ、麦の糖分、メンソール、塩気のニュアンス、微かにリンゴ系のフルーツの甘さを思わせる。

味わいはピーティだが若干オイリーでまろやかな口当たり、率直な麦の甘さ、バナナ、ヨーグルトのニュアンス、ミドルから後味にかけて塩気とスパイシーさ、フィニッシュはアルコール感による温かさとメンソールの清涼感があるが、すぐに消える。

【Okay】

ハイランドパーク蒸留所のビジターセンターで売られていたニューメイク・スピリッツ。加水してあるようで、アルコール度数は50%で詰められています。樽熟成は行われていないはずですが、1ヶ月程度は寝かせてあるようですね。

香り、味ともに当然ながらニューポッティですが、味わいはなかなかに複雑さを伴っていて、原酒の良さが伺えます。アタックに感じるピート感や塩気はハイランドパークらしいともいえるのではないでしょうか。

仲間内の持ち寄り会にて、ハイランドパークの某オフィシャルボトルが不評だった後にこれを持っていったのですが、それよりも美味しいという評価が寄せられました(笑) 確かに、この原酒であればポテンシャルはかなりのものだと思います。あとは樽による熟成がどのようになるかですが……。コントロールしきれない部分も多々あるでしょうし、難しいですね。

グラスに注いだ瞬間に、蒸留所で感じることができる麦を糖化した甘い香り、あの香りが押し寄せてきて懐かしい気持ちになります。日本でも蒸留所を訪れたことのある方なら、多分お分かりになると思います。あの感覚を思い出させてくれる、不思議なボトルです。

広告

ブラインドサンプル from とぅーるさん (2)

image

さて、とぅーるさんからのサンプル、もう一本の方です。

【sample B from とぅーる】

香りは石灰、大理石? 粘土などとにかく石を感じさせるミネラル感。ロウソクのようなオイリーさ、奥に微かに白桃。薄めの蜂蜜。じっとり湿った布。少しバターのようなニュアンスも感じる。

味わいもまずはミネラル感。香水のようなニュアンス。薄めたオレンジジュース、風邪薬シロップのような人工的な甘さ。バター飴、キャラメルっぽさが少し。ミドルからフィニッシュにかけては樽由来と思われる渋みを少し感じる。フィニッシュは短い。

【Okay】

香りからとても不思議なニュアンスで、味わいもどこかケミカルというか人工的に創りだしたようなところが印象的。正直、ここまで不思議な味わいは今まで経験が無いと思う。ミネラル感はピート由来なのだろうか。

若々しいかといわれるとそうとも思えず、かといって熟成感があるわけでもない。かなり昔に詰められた短熟ものなのでは、と推測。加水ボトルだとは思うが、オフィシャルのヴァッティングかブレンデッドなのだろうか。正直ほとんど不明……。

【予想蒸留所】①グレンギリー ②グレングラッサ ③リトルミル
【蒸留年】1980年代
【熟成年数】12年程度
【度数】43%程度

以上の予想でメールをお送りしたところ……。

ミルトンダフ
MiltonDuffGlenlivet 12 yo (43%, OB, Square bottle, Italiy, litri 0,750)

ミルトンダフのオフィシャルボトル、1980年代頃のものでしょうか。
頂いたコメントでは、短熟らしい麦感とボディは軽いがしっかりとした旨味、シンプルながら良いバランス、とのことでした。

なんだか自分のコメントと随分と違うな……と思いつつも、残っていたサンプルを改めて飲んでみたところ、味が全く違っていて自分でもわけが分からなくなりました。何かグラスに付いていたか、体調か……。小瓶では輸送中の影響も結構あるとのことで、万全の状態ではなかったのかもしれません。

ミネラル感はやはり感じるものの、ケミカルなニュアンスはほとんどありませんでした。素朴な旨味がある、という部分も納得です。

今回のサンプルふたつ、結果はどちらも惨敗でしたが、度数と熟成年数はほぼピッタリという。その辺りを捉えるのは結構できるようになってきましたが、やはり蒸留所の個性とかそういうったものを体系的に捉えるにはまだまだ経験不足ですね。

今回も良い勉強になりました。とぅーるさん、ありがとうございました!

イチローズ モルト&グレーン ホワイトラベル

Ichiro’s Malt&Grain Chichibu Blended Whisky White Label 46%

香りはかなり若い麦感、吟醸香に近いようなメロンっぽさ、薬品というか人工的な花の香り、香水っぽい? 粘性のあるオイリーなニュアンス。

味わいは、やはり若さ特有の麦感とアルコール感、クリーミーでメレンゲっぽい甘さ。湿った布、ガムテープ、溶剤っぽいオフフレーバー。フィニッシュはヒリヒリとドライな感覚。

【Okay】

イチローズモルトのブレンデッド・ウイスキー、ホワイトラベル。国内外のモルト9種、グレーン2種をブレンドしたものだそうです。

全体的に若いニュアンスが強く、熟成されていない荒々しさというか、好きなように暴れているような印象を受けました。できたばかりの秩父蒸留所のモルトがメインになっているのでしょうか?

どうもオフフレーバー的な部分を多く拾ってしまったようで、単純に好みに合わなかったような気がします。テイスティングのタイミングが良くなかったかもしれないので、もう一度試してみたいですね。

トバモリー BBR セレクション 46%加水

image

Tobermory 1995-2007 BBR Berrys’ Own Selection Cask#745 Refill Hogshead 46%

香りは若い草、少し良くない方向のバター、レザー感がモワッと広がる。少しレモン、柑橘系のニュアンス。

味わいはレモン風味のバターかヨーグルト、オイリーさが口を覆う。若い麦感、プラム、軽めの白ブドウ。

【Okay】

BBRのトバモリー、加水46%のタイプです。12年ほどの熟成ですが、未熟感というわけではないものの若々しさが目立ち、複雑さは感じられません。加水によってアルコールの強さなども感じられず、全体的にフラットで特徴が無いようなボトルでした。んー、ちょっとこれは微妙でしたね。せめて若さに頼ったエッジーな方向で出てくれれば良いのでは、と思うのですが……。