カテゴリー別アーカイブ: 【Very Good】

アベラワー 12年 オフィシャル1980年代 V.O.H.M.表記

DSC05910.jpg

Abelour V.O.H.M. 12yo (OB +/-1980s, 750ml, 43%)

香りはむせ返るようなアプリコットジャム、陶酔感のあるシェリー感、セクシーなムスクやコロン、獣の毛皮、紅茶、微かに灯油のニュアンス。

味わいはトフィ、爛れかけたイチジクやオレンジ、じんわりと広がる紅茶の葉、ミドルからざわざわと植物感、綺麗にまとまったオークのエグミと、白粉の餅の甘さ、ややオイリーさを残したイチジクのニュアンスが続くフィニッシュ。

【Very Good】

アベラワー蒸留所は1974年にペルノリカール社に買収されました。ブランデーが主要な同社の影響らしく、シングルモルトにも関わらずまるでブランデーのようなボトルが使われました。V.O.H.M. (Very Old Highland Malt)という表記もブランデーのV.S.O.P.とよく似ていますが、なんかちょっとパチもんみたいで微笑ましい感じがありますね。

おそらく1980年前後のボトリングと思われるこちらは、逆算すると1970頃の蒸留となり、流石に原酒や樽にも恵まれていた頃なのでしょう。流石にトロピカルや突き抜けたさ高貴なシェリー感とまではいかないものの、独特のくぐもった毛皮やムスクのようなニュアンスは軽い妖艶さを伴っていて物珍しさもある。あるいはヒネとも言えるかもしれないが、現在の若いモルトでは出せないニュアンス、近年ではほとんど消えてしまった味わいを感じることができます。

日本でも輸入している業者が多かったためか、オークションでもそれなりに数が出回っている様子。また、同じシェリー樽使いの蒸留所であるマッカランやグレンファークラスほど人気が出ていないので、10000円少々とまだそれなりに手頃な値段でてに入ります。現在でもなかなかのボトルであれば同じくらいの値段になってしまいますから、それを考えれば悪くないチョイスだと思います。

 

広告

グレンモーレンジ アスター 2017リリース

DSC05912.jpg

Glenmorangie ASTAR (OB, 2017, 52.5%)

香りはハチミツ、ネーブルオレンジなどの柑橘、バニラチョコレート、ハイトーンで洗練されたクリアな清涼感のある木香、奥に熟したイチジク、実にアスターらしい香り。

味わいはややしっかりした口当たりから、透明感のあるハチミツ、バニラケーキ、アンズ、サワーヨーグルト、ミドルから木材の収斂味、良いバーボンらしい木のニュアンス、焦がしたチョコレート、トフィー、シナモンと木の香りが良く残るフィニッシュ。

加水すると香り味ともに樽を焦がしたようなニュアンスがエッジを強める。ボディはあまり膨らまない。ストレートの方が満足感が高くオススメ。

【Very Good】

あのグレンモーレンジ・アスターが帰ってくる、というニュースを聞いて嬉しくなった人も多かったことでしょう。自分もそのひとりでした。

2008年~2012年にリリースされていたアスターは、ワールドワイドな展開だったためか日本でも手に入りやすいボトルでした。仲間内でも「近年ボトルの中では抜群の安定度で美味い」というのが当時の評価だったと記憶しています。また、700mlボトルで5000円程度という値段の安さも魅力的で、非常にコスパの良いボトルでした。モルトの入門者向けとしても、ファーストステップのオフィシャルスタンダードから続くセカンドステップとして、アベラワー・アブーナなどと共に名前が挙がることが多かったと思います。

アスターの特徴は何と言っても「樽の影響を真剣に研究した結果」であること。ビル・ラムズデン博士が研究してきた「デザイナーズカスク」による、グレンモーレンジの樽使い。それらの知識の結集がこのアスターです。嫌味のない綺麗な樽感、そしてどこか華やかさも兼ね備えたまさにバーボン樽のお手本とも言える樽使い。前アスターのときから評判が良かったですね。

今回の2017年リリースではどうなのかと期待しながら飲んでみました。まず香りからして、いかにもグレンモーレンジらしい、そして、アスターらしい香り、とでも言えましょうか。バーボン樽の良い香りが広がります。味も洗練された嫌味の無い素直な味で、原酒由来と思しきフルーツやハチミツのような味わいがトップに、ミドルからは樽感の良い香りが鼻腔全体に広がっていきます。

総じて満足感が高い、近年系のバーボンカスクのモルトとしては実に素晴らしい出来栄えです。

 

しかし一方で、同じアスターならば以前のリリースはやはりお手頃だったという印象が否めない……。こればっかりは時代背景にもよりますので仕方のないことですが、どうしても比較してしまいますね。

昨今のウイスキーブームによる品薄、原材料費の高騰、そして為替の影響も大きいと思います。前アスターのときはちょうどリーマンショックがありかなりの円高でした。当時と比べると2017年は2割ほど上がっていることになりますから、少なからず値段にも反映されてしまっています。

いろいろと現実を見せつけてくれるリリースですが、間違いなく今の時代を代表するハイクオリティなボトルだということもまた確かだと感じました。

 

ストラスアイラ 1953-2010 G&M 蒸留所ラベル

DSC04844.jpg

Strathisla 1953-2010 (G&M, Distillery Label, 43%)

香りはカラメル、高貴さは無いが往年のシェリー感、ダークチョコ、プルーン、アーシー、ニガヨモキなどのハーブ、タバコの葉、少しタール感がありオイリーなニュアンス。

味わいは柔らかいタッチで、カラメルの甘さ、カカオチョコレート、種有りのプルーン、ミドルから少し粒状感があり、砂糖なしのココア、土気やミネラル感、タール、燻した肉にブーケガルニが添えられているよう、とても複雑なフィニッシュ。

【Very Good】

GMの蒸留所ラベルのストラスアイラは様々なヴィンテージのものがリリースされていますが、1953年蒸留の2010年ボトリングということで、50年オーバーの熟成ということになります。当然自分よりも先に生まれているわけで、そう考えると本当にめまいがしてしまいそうでした。

度数的にも実際の飲み口もかなり軽めではあるのですが、内容は重々しく複雑。全体的にシェリー感が支配的、と思いきやその中でも様々な要素が複雑に絡み合い、とてもすべてを拾うことができませんでした。やや野暮ったさも含まれているところがマッカランとは別の方向性で、複雑さはマッカラン以上でした。本当に凄いモルトです。

 

G&Mのこのシリーズは、同一ヴィンテージの複数樽ヴァッティングなのでしょうか。シングルカスクであればそのように明記しそうですし。いずれにしても、これまでのリリースから考えて同系統のシェリーカスクがかなりの数、G&Mには存在していたことになります。そして、これらのストラスアイラは2005年頃~2012年頃に結構な数がボトリングされリリースされていたように記憶しています。

そこで気になるのが、これらを払い出した後の空樽はどうなったのか、ということです。流石にかなりの長期間熟成に使われてきたこともあって、そのままリフィルで使うことが難しいものもあったかもしれませんが、きっと他の原酒に使われたものもあると思うのです。

そうなると、20年後くらいには良質なシェリーカスクのリフィルがリリースされるかもしれませんね。樽のポテンシャルがどの程度残っているのか、親が良くてもその子供が良いとは必ずしも言えませんが、将来にちょっと期待してみても良いんじゃないかな、なんて思うわけです。

近年のシェリーカスクのマネジメントも凄い進歩ですが、往年のシェリーカスクの再利用もありえるのでは、ということで将来のモルトに期待してみたいと思います。

ブルームスベリー 30年 ファイネスト オールドブレンデッド ウイスキー

DSC04840.jpg

Bloomsbury Finest Old Blended Scotch Whisky 30yo (Bloomsbury, 43%)

香りはクリームやバターなどの乳製品、とてもコクが強い、徐々にリンゴや洋ナシのフルーツ感が現れ、続いてポリッジ、バタースコッチ、微かにフローラルなハチミツ様も。

味わいは柔らかくとてもクリーミーで、香り同様のミルク感、一呼吸置いてリンゴ、徐々にホワイトペッパーのような刺激、セージなどのハーブ感、奥にピートのニュアンス、フィニッシュはカスタードクリームに複雑なハーブ感が合わさる。

【Very Good】【Interesting】

ブルームスベリーというと、もうかれこれ10年以上前に幾つかリリースがあったものの、最近は全然聞かなくなってしまったボトラーズですね。近年でもボトラーズは現れては消えていくものが多いですし、そういうものなんでしょう、とある種開き直ってしまったりもしています。

さて、このボトルがリリースされたのがいつかは正確には分からないのですが、恐らく2005年より前だと思います。30年熟成ということですので、1970年代前半に蒸留されたモルトがメインであることは間違いないでしょう。ものによっては1960年代の原酒も入っているかもしれませんね。

クリーミーな味わいからなんとなくグレンタレットが思い浮かんだりしましたが、いかんせん情報が無いのでさっぱり分かりません。しかし、ブレンドらしく多層的な味わいで、原酒が良いからかしっかりとした芯の強さを感じる良質なウイスキー、という印象です。

情報があまり無いので詳しい所は分かりませんが、昔はこういうブレンデッドも結構たくさんあったのですね。以前記事にしたダイナースなども、ある意味個性的なブレンデッドでした。しっかりとした味わいで良い物が多かったのだなあ、としみじみ感じてしまうのでした。

 

マッカラン 18年 オフィシャル 1978年蒸留

DSC04832.jpg

Macallan 18yo 1978-1996 (OB, 43%)

香りは高貴なシェリー香、プルーン、ダークチェリー、ミドルから良質な麦感、少し醤油と紹興酒のニュアンス、木の皮、ヨモギのようなハーブ感もある。

味わいは染み込むような良質のシェリー樽、生クリームのように柔らかい、カカオ、オレンジオイル、ミドルからはアーシーさが出てくるが重くはない、するすると流れるようなオレンジやチェリーと紅茶が香るフィニッシュ。

【Very Good】

1970年代のオフィシャルマッカランは初めて呑みました。GMのスペイサイドフロムマッカランなどでこの近辺のヴィンテージを飲んだことはあったのですが、自分でもちょっと意外な気がしています。

この年代のマッカランに期待するところといえば、やはり良質なシェリーカスクによる高貴さとヴェルヴェットのような上質な口当たりでしょうか。このボトルはその期待にしっかり応えてくれる味わいで、しかし決して綺麗なだけではない複雑さもあってテイスティングが本当に楽しかったです。

状態が良かったこともあってか、素晴らしい味わいは「期待通り」と言ってしまいましたが、一方でオフィシャルのマッカランはその年代によってそれなりに味の差があることも知られています。特に有名なのは1945年頃、戦時や直後には燃料が不足したことからモルトの乾燥にピートを炊いたことによる、マッカランらしからぬピーティな味わいがあるというエピソード。流石にそのようなマッカランを飲んだことはありませんが、一度は試してみたい年代ならではの個性というものもあります。

 

DSC02100.jpg

マッカラン蒸留所のバックバーより、2012年頃に一斉に樽詰めされた各年代のモルト。マッカラン好きならば一度は垂直テイスティングしてみたいところでしょうか。

 

今回のボトルで言うと、少しアーシーさやヨモギのようなハーブ感が独特で、これもマッカランの中でも少し個性的かも、なんて思いました。勿論他のボトルでもあったりなかったりでしょうが、垂直テイスティングなどで確かめられたら楽しそうですね。って、そこまでするにはちょっと高嶺の花になってしまいましたが……。

Rさん、大変貴重なモルトを経験させて頂きました。ありがとうございます!

 

アバフェルディ シングルカスク 24年 1990-2015

DSC04813.jpg

Aberfeldy Single Cask 24yo 1990-2015 (OB, Cask#6394, 53.5%)

香りはハチミツがけのトースト、マーマレード、グラノーラ、微かに濡れた麦畑のニュアンス。

味わいは柔らかい滑り出しで洋ナシ、続いてハチミツが強く主張、ミドルからトーストや焼いた麦、じわりとホワイトペッパーの刺激、フィニッシュには紅茶とマーマレードが抜ける。

【Very Good】

アバフェルディのシングルカスクはこれまでも幾つかボトリングされているのを見ていまして、ラベルは時期によって多少デザインが異なるものの、2015年ころからはこのようなデザインになっていますね。こちらは24年熟成とかなり長めの熟成期間です。

ひと言でいうと「アバフェルディらしい」という印象。そして美味しい。強めに主張するハチミツ感と少しオイリーさ、そして長熟レンジらしくやや樽が効いており、チャーによるものか焦げ感も良いアクセントになっているようでした。

アバフェルディは21年なども安定して美味しいというイメージがあるものの、通常ラインナップは基本的には46%程度までの加水ボトル。元々そこまで太い線を持つ酒質ではないと思っており、そのせいもあってか飲みごたえはやや緩やかな印象です。そこで物足りないと思う人にはやはりこのあたりのシングルカスクがひとつの答えになるはずです。53.5%とありますが、飲みくちはあまり強さを感じませんでした。

現地のハンドボトルなどでもやはり同系統の味わいのものが用意されているのですが、20年を超えてくる熟成のものは見たことがありませんでした。若い樽だとどうしてもパワフルさに振りまわされてしまうことが多いのですが、このボトルはそのあたりのバランスがとてもいいため頭ひとつ抜けている印象でした。

ラフロイグ 17年 1997-2016 オーストリアボトラー向け

DSC04327

Laphroaig 18yo 1997-2016 (bottled for Austria, Cask#28, 51.6%)

香りはグレープフルーツ、少しグァバやパイナップルのニュアンス、カルダモン、後半にかけて火薬のような香りが良い、残り香には獣や牡蠣のオイル漬け。

味わいはグレープフルーツ、甘味が強めでアイラらしいヨードも感じる、ミドルにかけて少し暖みのある柑橘系、柔らかくて良い、柑橘の皮の苦味と魚介系の旨味がまとまった安定した旨さ。

【Very Good】

オーストリアのボトラー向けというラフロイグ1997。

1997年のラフロイグが良いのか、それともこのボトルが良いのか、このボトルは両方でしょう。ややラフロイグが苦手な自分でも、このボトルは美味しくてついつい口に運んでしました。

グレープフルーツを実からワタ、皮までの全体を味わっているかのような、甘さ、酸味、苦味の多彩な味わいが印象的。香りにある火薬っぽさや清涼感、そして旨味のあるオイルのニュアンスまで、複雑ですがバランスが取れていました。

ラフロイグは200周年記念の21年が旨味のあるバランスの良い味わいで好みでしたが、このボトルも同じ傾向、かつ度数がやや高めとあってパワフルさも兼ね備えていました。こういうラフロイグならいくらでも大歓迎です。