カテゴリー別アーカイブ: 【Very Good】

サントリー プレステージ25年 ブレンデッド・ウイスキー

DSC07016.jpg

Suntory PRESTIGE 25yo (Suntory Blendend Whisky, 43%, 750ml)

香りは、チョコレート、プルーン、アンティーク家具、強めの樽感と削りたての樹木、白檀のような高貴さも感じられる、微かにスモモのような酸味、ワックスやなめし側のようなニュアンスを奥に感じる。

味わいは少し強めのアタックだが、すぐにまったりとしたローストナッツのオイリーさ、熟成感を伴う深い味わい、カカオ、プルーン、少しバター、ミドルは樽感が強くピリピリとブラックペッパーの刺激、フィニッシュにかけてはまたオイリーさがあり、ほんのりとシトラス系フレーバーも合わさる。重層的でやや高貴さも感じるリッチなブレンデッドウイスキー。

【Very Good】

サントリーが1989年に創業90周年としてリリースしたブレンデッドウイスキーです。

素性については検索していただくといろいろと情報が手に入りますが、使われている原酒は1960年代の山崎に、グレーンは本当にこれどこから持ってきたのでしょうね。輸入したものでしょうか。またモルトの一部もこうした輸入原酒を使用している可能性もあり、良質なシェリーカスク原酒はもしやあの蒸溜所が……? なんて謎も楽しめます。

近年ものとは異なる昔のシェリーカスクの香りが閉じ込められていて、グラスに注いだ瞬間に部屋中に香りが広がっていきます。飲む前から期待が高まる。カガミクリスタル製の特別ボトルも高級さを感じさせます。というかとてつもなく重い。ボトル底部のガラスの厚みを見れば当然ではありますが……。

味もシェリーカスク主体で、熟成感を感じるまろやかさが広がりますが、樽の影響がかなり強めに出ている原酒があるようでやや強めの刺激も。そして、このあたりはブレンデッドらしさなのか、少しボディが弱く中間の膨らみはもう一歩欲しいような、そんな印象を残します。ちょっと欲張りすぎますが。

どちらかというと香り優先ですね。友人曰く「サントリーのAge UnKnownに通じる」と評していた香りは本当に素晴らしいです。

ともすると(近年系とは異なるとはいえ)どっかんシェリーになりがちなところですが、加水とブレンドによってほどほどのバランスにまとめあげられているように感じます。これがカスクストレングスだったら、かなりピーキーな味わいで日本人一般にはあまり受け入れられなかったのではないかと。海外には受けそうではありますが。サントリー響にも通じる、繊細さを保ったブレンド技術の為せる技を感じます。

今回のボトルは、ちょっとした記念に良いものを開けようと取り出しました。最初は硬かったのですが開封後2ヶ月ほど経ってそこそこ開いてきたようです。これから暑くなる季節にはちょっと向きませんが、冬になる頃にはしっかりと開いてきて美味しく感じられるのではないかな、と期待しています。

広告

フェッターケアン 33年 1975 ザ・テイスター

DSC06829.jpg

Fettercairn 33yo 1975 (Scotch Malt Sales “The TASTER”, Cask#2314, 58.5%)

香りはローストしたナッツ、バターと麦のブラウンルー、ヌガーやキャラメル、微かにカモミールティー、白い花を思わせるフローラル。

味わいはねっとりとしたオイリーさ、バタースコッチ、マジパン、シロップ漬けの洋ナシとドライアプリコット、ミドルから白胡椒と薄めの紅茶のニュアンス、余韻にかけてハーブティに代わり意外とキレが良くまとまるフィニッシュ。

【Very Good】

スコッチモルト販売のザ・テイスター シリーズからフェッターケアンです。

「フェッターケアンらしさ」ってこれだったよね、と思えるようなオイリーさとほっこりした麦感。ともすれば野暮ったい味わいになりそうですが、そういうわけでもなく洗練された味わい。飲みごたえもちょうど良く、バランスが整っている印象です。

ザ・テイスター はウイスキー業界で著名な方がチョイスしたシリーズ。今年もトミントール1996がリリースされるなど、かなり長期に渡り続いているシリーズですね。このボトルをチョイスしたカーステン・エールリヒ氏はウイスキーフェアの主催者ということで、流石の選定眼。良い原酒を引っ張ってこれるコネクションが、こうして日本向けに良いボトルをリリースして頂ける原動力になるわけで、モルト飲みとしては嬉しい限りです。

ザ・テイスター シリーズはシンプルさと独特のロゴがスタイリッシュなラベルが好みです。シリーズとして揃って並んでいたらさぞかし壮観でしょうね。味わいも素晴らしかったので、やはり買っていなかったことを後悔するのでした……。

タリスカー 15年 1978-1993 ケイデンヘッド

DSC06830.jpg

Talisker 15yo 1978-1993 (Cadenhead “Acthentic Collection” 56.4%)

香りはやや荒さを感じるオールドシェリー、プルーン、ドライフィグ、やや強めのシナモン、コリアンダー、微かに醤油のニュアンス。

味わいはやや粗野な口当たりの濃厚なオールドシェリー、少し硫黄感、シナモンケーキ、強めに煮出した紅茶、鼻抜けにプルーンなどの様々なフルーツ感が通り過ぎ、やや収斂味を伴いながらピートとスパイスが締めくくるフィニッシュ。

【Very Good】

90年代にケイデンヘッドがリリースしていたオーセンティックコレクション、通称グリーンケイデンのタリスカー15年です。同シリーズはプレーンな樽感と中熟程度の熟成から、クリアな麦感が主体のものが多い印象でしたが、このボトルは濃厚なシェリーカスクでした。

やや強めかつ荒々しさを感じる昔のシェリーカスクで、ボトリング約25年という時間を経てもまだまだパワフルさは失われていません。恐らくリリース当初はもっとパワフルな味わいだったものと思われ、かなり飲み疲れするボトルだったのではないでしょうか。

そう考えると、今現在リリースされている濃厚ボトルも、時間が経ったときにどのように変化していくのかは楽しみなところではあります。もっとも、麦感やシェリー樽などの基本要素が異なるため、同じような変化は期待できないですが、もしかしたらとんでもなく化けるボトルがあったりするかもしれません。というような夢を掻き立てられるボトルでした。

 

DSC06831.jpg

クライヌリッシュ 32年 1972-2005 エイコーン

DSC06821.jpg

Clynelish 32yo 1972-2005 (ACORN “Natural Malt Selection”, 53.5%)

香りは優しい麦感、ハチミツとカスタード、アーモンドの香ばしさとオイリーさ、削ったばかりのヒノキのような木材香、オレンジとバナナのフルーツ感。

味わいはしっとりとした口当たりでカスタードやスポンジケーキ、良く熟したオレンジ、バナナチップ、マジパン、クリーミーなオイリーさ、ローストしたナッツと落ち着いたフルーティさが鼻抜けからフィニッシュまで長く続く。

【Very Good】

日本の古参ボトラー、エイコーンがリリースしていたクライヌリッシュ。1972年といえばクライヌリッシュの鉄板ヴィンテージ。ボトリング後の時間経過からか、かなり落ち着いていて優しいニュアンスが全体的に支配しており、53%という度数の割にはするすると飲めてしまう仕上がりになっていました。

しっかりとした麦感とオイリーなニュアンス、そしてフルーツ感が良いバランスで混在していて、奇をてらわない素の美味しさといった感じです。バーボンカスクのお手本のような方向性、それでいてこの複雑さは、90年代のバーボン樽のボトルだとちょっと思いつきません。90年代の30年オーバーはまだまだこれからなので。もしかしたらこのようなボトルにもお目にかかれるかもしれませんが、昨今のリリースを見ているとかなりの高額となってしまい手が出せそうにないような雰囲気があります。

今のうちにバーなど飲める場所で飲んでおいた方が良いかもしれませんね。

リンクウッド 1973 G&M 蒸留所ラベル

DSC06314.jpg

Linkwoood 1973-2012 (Gordon & Macphaile, 43%)

香りはライチ、白いブドウ、プレーンだが美味そうな麦感、べっこうあめ、薄めたコーヒーのようなカラメル感、微かに出汁と醤油のニュアンス。
味わいはゆったりとしたモルティさにレーズン、カラメル、焙煎したコーヒーのニュアンス、軽く醤油のニュアンス フィニッシュにかけてシナモンやカルダモン、ホワイトペッパーのスパイス感が残る。

【Very Good】

G&Mの蒸留所ラベルのリンクウッドといえば、長らくオフィシャルともいえる位置づけで様々なリリースがありました。15年や25年などの熟成年数表記のものには大変お世話になりましたが、一方でこういったヴィンテージつきのものもありましたね。自分はあまり買えなかったのですが……。最近はこれらのラベルもあまり見なくなったので少々残念です。

久々に飲んだ蒸留所ラベルのリンクウッドは、トップからからいわゆる「G&Mの香り」があり、「ああ、これこれ」と思わず顔がほころんでしまいました。薄めたカラメルやコーヒーのような独特のシェリー感が染み込むようであり、そこにライチなどの白いフルーツを思わせるフレーバーが混ざり込んできて、とても複雑で多彩な香味。度数43%と低めなこともあり、とても落ち着いた味わいはゆるゆるとどこまでも楽しめそうです。

最近のシェリーカスクだとギスギスした口当たりのものも多かったりしますが、加水の妙かそれとも原酒の質か、どちらもありかもしれませんが、優しくまろやかで上質なシルクのようなボトルでした。

グレンギリー 26年 1990-2017 シグナトリー for Whisky Exchange

DSC06312.jpg

GlenGarioch 26yo 1990-2017 (Signatory Vintage for Whisky Exchange, Cask#2968 Hogshead, 54.4%)

香りはライチ、レモンなどの柑橘、こってりした麦感、カスタードクリーム、微かにレモングラスやセージなどのハーブ類を感じる。
味わいはどっしりとしたハチミツ、レモネード、美味しい麦感もありカスタードケーキのよう、ミドルから ハーブとシナモンが鼻を通り抜け、奥の方に染み込むようなピートのニュアンスを感じる。

【Very Good】

イギリスの大手オンラインショップ、ウイスキーエクスチェンジ向けに詰められたシグナトリーのグレンギリー26年。シグナトリーのトール瓶といえば、ノンチルシリーズの真っ白なラベルが印象にあるわけですが、このラベルはちょっと変わっていて格好良いですね。昔のダンピーボトルのシリーズを思わせる羽根ペンが印象的で、なんとなくこれだけで美味そうと感じてしまいます。

さてその中身はというと、こなれた麦感が非常に美味しく、ふんわりと感じるレモン感やハチミツ感があわさりいろいろと盛り込まれたカップケーキを食べているかのような感覚。奥の方に微かに感じる、染み込むようなピート感が良いバランスで下支えしていて、奥行きを深めています。近年のギリーはピートは炊いていないはずなのですが、ピートそのものというよりはスモークとアーシー感なのかな。甘味だけではない複雑さがあり美味しいです。

これまでも何回か書いている通り、1990年代に入った頃から各蒸留所とも酒質が向上してきているのを感じていました。安定してクリアな美味しさが多くなり、これらが長熟レンジに入ってきたらどうなるのだろうと期待していました。そんな90年代が25年を超えてくる第一弾といった感じで、予想通り美味しい熟成感に溢れたモルトに仕上がってきています。素晴らしいですね。

値段的にも、最近の値上がり傾向が一段落した感じでなんとか良心的な範囲。こういうリリースが続いてくれることを願うばかりです。

 

アベラワー 12年 オフィシャル1980年代 V.O.H.M.表記

DSC05910.jpg

Abelour V.O.H.M. 12yo (OB +/-1980s, 750ml, 43%)

香りはむせ返るようなアプリコットジャム、陶酔感のあるシェリー感、セクシーなムスクやコロン、獣の毛皮、紅茶、微かに灯油のニュアンス。

味わいはトフィ、爛れかけたイチジクやオレンジ、じんわりと広がる紅茶の葉、ミドルからざわざわと植物感、綺麗にまとまったオークのエグミと、白粉の餅の甘さ、ややオイリーさを残したイチジクのニュアンスが続くフィニッシュ。

【Very Good】

アベラワー蒸留所は1974年にペルノリカール社に買収されました。ブランデーが主要な同社の影響らしく、シングルモルトにも関わらずまるでブランデーのようなボトルが使われました。V.O.H.M. (Very Old Highland Malt)という表記もブランデーのV.S.O.P.とよく似ていますが、なんかちょっとパチもんみたいで微笑ましい感じがありますね。

おそらく1980年前後のボトリングと思われるこちらは、逆算すると1970頃の蒸留となり、流石に原酒や樽にも恵まれていた頃なのでしょう。流石にトロピカルや突き抜けたさ高貴なシェリー感とまではいかないものの、独特のくぐもった毛皮やムスクのようなニュアンスは軽い妖艶さを伴っていて物珍しさもある。あるいはヒネとも言えるかもしれないが、現在の若いモルトでは出せないニュアンス、近年ではほとんど消えてしまった味わいを感じることができます。

日本でも輸入している業者が多かったためか、オークションでもそれなりに数が出回っている様子。また、同じシェリー樽使いの蒸留所であるマッカランやグレンファークラスほど人気が出ていないので、10000円少々とまだそれなりに手頃な値段でてに入ります。現在でもなかなかのボトルであれば同じくらいの値段になってしまいますから、それを考えれば悪くないチョイスだと思います。