カテゴリー別アーカイブ: 【Very Good/Excellent】

ティーリング 25年 1991-2017 蒸留所限定 ハンドボトル

DSC04748

DSC04749

Teeling 25yo 1991-2017 (OB, Hand bottling, American Bourbon, Cask#8448, 51.3%)

香りはライチ、マンゴスチン、酸味のある白ぶどう、木の皮のような木香、バニラ、マジパン、微かにバニラビーンズ、甘く熟したスイカのニュアンス、スワリングすると清涼感のあるハーブとバニラのニュアンスが香り立つ。

味わいは柔らかいアタックで、香り同様のライチ、マンゴスチンに強烈なパッションフルーツ、ミドルはややスパイシーでホワイトペッパー、クローブ、シナモンが良いバランスを奏でる、甘みもたっぷりでコクのあるパウンドケーキ、薄めたパイナップルジュースにフレッシュな木の香りが心地よく続くフィニッシュ。

加水すると香りに桃と紅茶のニュアンスが出てくる。味にはフルーツの皮のような渋みが表に出てくるためあまり良い変化はしない。口当たりも柔らかいため加水の必要性はあまりなく、ストレートが良い。

【Very Good/Excellent】

ティーリング蒸留所のハンドボトル、樽出し原酒を直接詰めたもの。先日の若いボトルと同様、今年4月のアイルランド旅行でティーリング蒸留所を訪問した際に購入してきたボトルです。

DSC02994

 

アイリッシュに求める「らしさ」が全開で、マンゴスチン、パッションフルーツなどのトロピカルフレーバーは探すまでもなく感じることができます。心地よいところまで自然に落ちたアルコール感、樽の影響によると思われるスパイス感もほどよく、これ以上寝かせると渋くなったりもしそうですが、そこまでには至っていない。いろいろな面でバランスの良い、まさにボトリング時期真っ盛りといったところ。流石に少々値は張りましたが、ティーリングさん、蒸留所のビジターに良いものをチョイスしてくれてていますね。

仲間内の話を聞くと、中身はブッシュミルズの原酒ではないかということです。自分はてっきりティーリング氏が勤めていたというクーリー蒸留所のものかと思っていたのですが、これ以外にもリリースされているアイリッシュのウイスキーなどからブッシュミルズの可能性が高そうですね。

 

それにしても、1990年近辺、25年前後の熟成のアイリッシュ・シングルモルトにある、このトロピカルフレーバーは一体どこからくるものなのでしょうね。2000年以降蒸留の原酒には、まだこのような面影を見るものはあまり無い気がしますし、たまたまその時期にアタリの樽が多かったのか、それとも原酒のポテンシャルとしては同じようなものなのか……。ブレンデッドのアイリッシュでも結構似たようなフレーバーをうっすらと感じるので、後者だと自分は認識しているのですが。

スコッチと異なるのは、原料の一部を発芽させていない大麦を使っているところ、いわゆる「シングルポットスティル」の部分でしょうか。均質でない原料からくる多彩さが、このようなフレーバーに繋がっているのかもしれません。

などなど、いろいろと考えてしまいますが、飲んでいる間はそんなことはどうでも良くなりそうなくらいの美味しいウイスキーです。ちょっと思い出補正が入ってしまっているかもしれませんが、そこはまあご容赦下さい。

 

DSC04751

それにしてもこのボトル、かなり重量があり箱も専用のもので大きく重い……。コルク栓まで重くて、開栓時に驚いて落としてしまったほどです。高級感があって良いですが、他のボトルよりもかなり場所を取るのが難点でしょうか(笑

 

ダルモア12年 1950年代? 流通ボトル

DSC04323

Dalmore 12yo (OB 1950s bottling, 75cl, 43%)

香りは濃厚なプラムやプルーンのジャム、ムスクや汗のようなセクシーで陶酔感がある、ハッカ、良いオールドシェリーと経年による複雑さが素晴らしい。

味わいはまろやかな飲みくちだがすぐに重厚さが押し寄せる、柿や桃のフルーツ感は強すぎず皮と合わせた渋みもある、焦げたカラメルのほろ苦い甘さ、奥深くから押し寄せるタール、ややワックスのニュアンス、じっとりと濃厚な一体感のあるフィニッシュ。

【Very Good/Excellent】

ダルモアの、こちらはいつごろのものでしょうか…。1950年代? かなりのオールドボトルです。

ダルモアといえばシェリー樽、というイメージはあるものの、正直なところ近年のダルモアはあまりシェリー樽が良いイメージはありませんでした。なのでテイスティングの経験もそこまで多くはないのですが、今回のこのボトルで一気に最高地点まで到達してしまった気がします。

端的に言えば、陶酔感もある良質なオールドシェリーということになりますが、驚くのはアタックの柔らかさとその次にくる重厚で濃厚なボディ。43%とは思えないくらい厚みのあるボディは、これまでのモルト経験の中でも一二を争うものでした。ここまでの太い酒質というのは、やはり昔の原酒だからなのか、ボトリング後50年近く経過しているとはとても思えないものでした。おそらくこのボトルの状態が良かったのでしょうね。すべてがすべて、このレベルで保っているとも思えませんので。

なお、ワイン用のソムリエグラスでもテイスティングしてみましたが、そちらの方がさらに香り高く素晴らしかったです。口に含むまでのの間にも香りが押し寄せてきて、早く口に含みたいという意識が自分のことながら面白いものでした。

こちらは持ち寄り会でのOさん持参のボトル。素晴らしい経験をさせて頂きました。ありがとうございました!

ブローラ 30年 オフィシャルボトル 3rdリリース

DSC02273

Brora 30yo (OB, bottled in 2004, 3rd Release, 56.6%)

香りは過熟気味の柑橘、パイナップル、マンゴーなどのトロピカル感、じっとりとしたピートにヨード、下支えするどっしりとした穀物の甘さ、まとまりがあり素晴らしい。

味わいはやや弱めのアタックから香り同様のフルーツ感、穏やかだがじんわりと主張するピートやヨード、ショートブレッドの甘さ、少し塩パンのようなニュアンス、じっくりと染み込むトロピカルフルーツとピート感がまとまりよく続いていくフィニッシュ。

【Very Good/Excellent】

2004年にリリースされた、オフィシャルのブローラ30年。この系統のオフィシャルボトルでは3番目のリリースとなるボトルでした。

こちらも簡易ブラインドで提示され、第一印象はボウモア30年シードラゴン。過熟気味のフルーツにやや落ち着いた感じのじくじくしたピートを取った結果のイメージでした。結果は上記の通りブローラ。盛大に外しましたが、アイラと北ハイランドで結構似たイメージが出て来るのも我ながら不思議だなあと思いました。

 

トロピカルというよりも過熟気味のフルーツ感の方が強く、爛れたニュアンスはある意味硫黄成分を含んだフルーツフレーバーもにも通じる要素があるのかもしれません。ピートのいぶしたようなニュアンスもあってボウモアと混同しました。

島モノらしさのあるピートのボウモアと、あまりそのようなイメージのないブローラですが、フルーツ感は結構似ているようにも思えました。ボトル公開後は「なるほど確かに」と思うのですが、ブラインド時にどう感じたかを思い返すと面白いですね。

 

ブローラのこのシリーズのオフィシャル、今回のボトルは2004年ボトリングでしたが、自分が飲み始めた2008年頃でも一部の酒屋ではこの3rdや4thが残っていた記憶がありあす。値段は3万円超えるほどでしたでしょうか、当時はその値段でもかなり高額な部類に入ったため、皆さんそこまで食指が動かなかったのかもしれません。2013年頃でも8thや9thが残っていて、それも4万円ほどでしたので、またまた同じような傾向ではありましたが、やはりいつしか売り切れてしまっていました。

この個性的な味わいは、近年ではあまり見られなくなってしまいました。もっとクリーンでクセのない方が一般的には受けるのでしょうか。この個性的な味は残して欲しかったですが、残念ですね。

DSC02274

生命の水 ソサエティ 124.2 宮城峡蒸留所

DSC02260

生命の水 Japanese Malt Whisksy 16yo 1989-2005 (SMWS, Cask No. 124.2, 59.3%)

香りは青リンゴ、洋梨、カスタード、はちみつ、少しおしろい、独特のヒノキのような香木感が強すぎず主張する。

味わいはスムーズに広がる、オレンジ、洋梨、ミドルから香木とやや強めの樽感、芳醇な木の香り、ホワイトペッパー様がヒリヒリと主張しながらはちみつの甘さとともに残るフィニッシュ。

【Very Good/Excellent】

ソサエティの124.2番、宮城峡蒸留所です。以前、同じくソサエティ宮城峡の124.1番を飲ませて頂いたことがあるのですが、そのときの印象と比較すると、ジャパニーズらしい香木感はやや控えめなものの、その他の香りの要素ともバランスが良く、飲んだ満足感はどちらも勝るとも劣らない素晴らしいものでした。こんなボトルを頂けたことには本当に感謝です。

こちらも簡易ブラインドでの提示。香木感は単なるスコッチでは感じられないようなとは思ったものの、独特の香りを新樽と勘違いして探してしまいあえなく撃沈。自分は以前にもジャパニーズ独特の香りを新樽と勘違いしたことがあり、この辺の違いを明確にしていくのが課題といえそうです。

それはさておき、飲んでみればとんでもなく美味いことは確かで、ソサエティへ払い出した初期のこのあたりの樽は気合いをいれていたのでしょうね。最近リリースされている宮城峡のボトルは、どれもシェリーカスクの、それもちょっと樽感がキツくてギスギスした印象のものが多いですが、これは明らかにシェリーカスクではないですし、どちらかというとプレーンな樽感が良い方向に作用しています。

こんな樽もちゃんとあるじゃないか、というのは前にも持った感想なのですが、改めて宮城峡の懐の広さを感じると同時に、どうしてこういうのがオフィシャルから出てこないのかなあ、と残念に思うところでもあります。

原酒不足ということもありいろいろと厳しい事情もあるのでしょうが、今後のリリースに期待したいと思います。

DSC02262

 

ローズバンク 30年 1975-2005 シルバーシール

dsc02043

Rosebank 30yo 1975-2005 (Silver Seal “Sestante Collection”, Sherry Cask, 55.8%)

香りはハチミツ、砂糖がけのポリッジ、レモンの皮、少し青い草の香り、バタースコッチ、マジパン、スミレのニュアンス。

味わいはどっしりとしたハチミツと甘い麦粥、完熟リンゴの蜜、洋ナシ、噛みごたえあり、ミドルからカルダモンやホワイトペッパー、奥にグラッシーなニュアンス、フィニッシュはホワイトペッパーとはちみつ漬けリンゴが心地よく続く。

【Very Good/Excellent】

シルバーシールのセスタンテ・コレクションからローズバンク30年。

ローズバンク蒸留所はローランドらしく3回蒸留で、となるとライトなボディでややグラッシーなニュアンスが強いイメージがありました。しかしこのボトルは素晴らしく分厚い、噛みごたえのあるボディが印象的で、さらに麦由来と思しき甘さがとても強い。下手なシェリーカスクなんかよりも全然甘いです。1杯の満足感は非常に高く、その割には飲み疲れるような印象もない。いいバランスが保たれていました。

シルバーシールは高品質なものしかボトリングしないということですが、このボトルに関しては納得の出来でした。

ボウモア 32年 オフィシャル 1968-2000

dsc02037

Bowmore 32yo 1968-2000 (OB, 45.5%)

香りはやや控えめながらオレンジ、過熟したキウイ、ライチ、落ち着いたヨードと塩気、少し鞣した革、奥にコールタールのニュアンス。

味わいは染み込むように広がるパッションフルーツ、ライチ、少し完熟パイナップルの要素、徐々に麦と少し青い草に入れ替わり、じんわりと続いて下支えするピートとタール感、西洋的な魚介ダシに穀物の甘さも混じり複雑、鼻抜けには前述のトロピカルフルーツ様、フィニッシュはやや短めながら気品があり陶酔する。

【Very Good/Excellent】

オフィシャルの60年代ボウモア。ラスト・ショットを頂きました。Kさん、ありがとうございます!

さすがに最後の方であったためやや気が抜けてきてしまったそうですが、それでも素晴らしいフレーバーを堪能させて頂きました。らしいトロピカルフルーツ感は作為的ではなく、全体的に染み出してくるようにまとっているところが、近年のものとは違う部分でしょうか。各要素が決して強く主張しすぎないところが、バランスが取れた複雑さを醸し出しているようです。鼻抜けや嚥下したあとの返りがとても素晴らしく、陶酔感が満ち溢れていました。至福ですね。

ボウモアの時代変遷については他のブログなどでも語り尽くされておりますので割愛しますが、60年代のボウモアはやはり独特の個性があり美味しいです。90年代のボウモアが、同様に30年~35年程度の熟成となるのは2020~2025年ころ。その頃に、評価の高かった1993ボウモアなどが30年熟成などでリリースされるのでしょうか。そして、その味は60年代ボウモアにも勝ってくれるのではないか、そんな期待を込めたいところではあります。が、現状を考えるととんでもない値段になりそうで悲観的になってしまうのがなんともはや……。

どうかそれなりに良心的な値段でリリースされることを祈るばかりです。

マクファイルズ 2000年記念 陶器ボトル 2000ml

 

dsc01145

MacPhail’s 2000 (Gordon & Macphail, Vatted Malt Scotch Whisky, 2000ml 40%)

香りは高貴なシェリー感、ふんだんに香る白桃、レーズン、プラム、リンゴと紅茶、鞣した革、アンティーク家具、複雑でリッチさがあり素晴らしい、時間を置くとバターのニュアンスも出てくる。

味わいは黒糖のようなコク、カラメル、驚くほどスムーズ、白桃、洋梨、プルーンなどのフルーツ感、ミドルから紅茶、ややドライでホワイトペッパーのように少しピリピリとするが強くは無く舌先に染み込む、鼻抜けから返りにも古樹の香り、余韻は穏やかな暖かさが残り、和三盆のように儚く消える。

【Very Good/Excellent】

天下のG&M、ゴードン&マクファイルズが西暦2000年の記念にリリースしたブレンデッド・モルトウイスキー。

縁あっておすそ分け頂く形となりました。ボトルの由来など詳細な説明はくりりん氏のブログをご参照頂ければと思います。

fec3de9e-s

陶器で2000gもあるそうで、箱も重そうな作り。 photo by くりりん

注いだ瞬間から立ち込める白桃やプラムのフルーツ感に思わず顔がほころんでしましました。高貴さも感じさせる往年のシェリー樽の香りも素晴らしいですが、単純なフルーツ感が前面に出るタイプのものではなく、木や革、古びた家具のニュアンスも同じくらい主張してきて、複雑ながらも全体として丸みを帯びている印象です。そして複雑さは味わうと舌に染み込むようで、ほとんど嫌味を感じさせませんでした。

“A vatting of rare single malt whiskies the combined ages total 2000 years” という記載では、一瞬、力技だけのブレンデッドかと思いますが、そこはきっちりと仕事をしてくれたのでしょう。さすがですG&M。合計2000年という熟成年数は伊達なだけのものではありませんでした。

ややヒネというか独特の香りがありましたが、ボトリングから16年ほど経った割には概ね状態も良好でした。原酒は概ね40年オーバーと云われていますし、今から50年も前に造られた酒が経た時をここで味わえる。素晴らしいロマンだと思いませんか?

次の節目は2100年でしょうか?(笑) こんな年末に来年以降のことを考えるなんて、何かに笑われてしまいそうですし、勿論生きてそれを見ることはできないでしょうが、G&Mならばそれをやってのけてくれる、そんな予感があります。