カテゴリー別アーカイブ: ハンドボトル(ヴァリンチ)

ティーリング 25年 1991-2017 蒸留所限定 ハンドボトル

DSC04748

DSC04749

Teeling 25yo 1991-2017 (OB, Hand bottling, American Bourbon, Cask#8448, 51.3%)

香りはライチ、マンゴスチン、酸味のある白ぶどう、木の皮のような木香、バニラ、マジパン、微かにバニラビーンズ、甘く熟したスイカのニュアンス、スワリングすると清涼感のあるハーブとバニラのニュアンスが香り立つ。

味わいは柔らかいアタックで、香り同様のライチ、マンゴスチンに強烈なパッションフルーツ、ミドルはややスパイシーでホワイトペッパー、クローブ、シナモンが良いバランスを奏でる、甘みもたっぷりでコクのあるパウンドケーキ、薄めたパイナップルジュースにフレッシュな木の香りが心地よく続くフィニッシュ。

加水すると香りに桃と紅茶のニュアンスが出てくる。味にはフルーツの皮のような渋みが表に出てくるためあまり良い変化はしない。口当たりも柔らかいため加水の必要性はあまりなく、ストレートが良い。

【Very Good/Excellent】

ティーリング蒸留所のハンドボトル、樽出し原酒を直接詰めたもの。先日の若いボトルと同様、今年4月のアイルランド旅行でティーリング蒸留所を訪問した際に購入してきたボトルです。

DSC02994

 

アイリッシュに求める「らしさ」が全開で、マンゴスチン、パッションフルーツなどのトロピカルフレーバーは探すまでもなく感じることができます。心地よいところまで自然に落ちたアルコール感、樽の影響によると思われるスパイス感もほどよく、これ以上寝かせると渋くなったりもしそうですが、そこまでには至っていない。いろいろな面でバランスの良い、まさにボトリング時期真っ盛りといったところ。流石に少々値は張りましたが、ティーリングさん、蒸留所のビジターに良いものをチョイスしてくれてていますね。

仲間内の話を聞くと、中身はブッシュミルズの原酒ではないかということです。自分はてっきりティーリング氏が勤めていたというクーリー蒸留所のものかと思っていたのですが、これ以外にもリリースされているアイリッシュのウイスキーなどからブッシュミルズの可能性が高そうですね。

 

それにしても、1990年近辺、25年前後の熟成のアイリッシュ・シングルモルトにある、このトロピカルフレーバーは一体どこからくるものなのでしょうね。2000年以降蒸留の原酒には、まだこのような面影を見るものはあまり無い気がしますし、たまたまその時期にアタリの樽が多かったのか、それとも原酒のポテンシャルとしては同じようなものなのか……。ブレンデッドのアイリッシュでも結構似たようなフレーバーをうっすらと感じるので、後者だと自分は認識しているのですが。

スコッチと異なるのは、原料の一部を発芽させていない大麦を使っているところ、いわゆる「シングルポットスティル」の部分でしょうか。均質でない原料からくる多彩さが、このようなフレーバーに繋がっているのかもしれません。

などなど、いろいろと考えてしまいますが、飲んでいる間はそんなことはどうでも良くなりそうなくらいの美味しいウイスキーです。ちょっと思い出補正が入ってしまっているかもしれませんが、そこはまあご容赦下さい。

 

DSC04751

それにしてもこのボトル、かなり重量があり箱も専用のもので大きく重い……。コルク栓まで重くて、開栓時に驚いて落としてしまったほどです。高級感があって良いですが、他のボトルよりもかなり場所を取るのが難点でしょうか(笑

 

ティーリング 9年 2007-2017 蒸留所限定 ハンドボトル

DSC04740

Teeling 9yo 2007-2017 (OB, Hand bottling, Port Butt, Cask#11650, 59.2%)

香りは黒蜜、赤ブドウ、レーズン、焦がしたカラメル、綿菓子、少し清涼感のあるハーブと切った木材。

味わいはブドウ、濃いカラメル、ビターチョコレート、ハイプルーフらしくピリピリとスパイシー、タンニンの収斂味、フィニッシュはブドウ、焦げた木や炭のニュアンスが残る。

加水するとブドウ感が強まるが、味に焦げたニュアンスが強まり好みが別れる所。ざらざらした粒状感も特徴的。ほんの少しパイナップルやライチのニュアンスが顔をのぞかせる。

【Good/Very Good】

ティーリング蒸留所のハンドボトル、樽出し原酒を直接詰めたもの。今年4月のアイルランド旅行でティーリング蒸留所を訪問した際に購入してきたボトルです。

 

DSC02993-2

ざっくりと言って、近年系シェリーカスクの短熟ウイスキー、という内容です。シェリーカスクではなくポートカスクですが、内容的にはほぼ同様の味の傾向でした。素性は悪くなく、10年にギリギリ満たないものですが未熟感も特に無く、良い熟成を経たものであることが分かります。一方で度数が60%近くもありストレートで飲むにはちょっと辛い内容。加水するのが良いでしょう。

ダブリンで稼働し始めたティーリング蒸留所はクーパレッジも抱えており、バーボン樽、シェリー樽は勿論、ポート、マディラ、ラム、カルヴァドス、ワイン、etc… といったように世界中から様々な種類の樽を仕入れて使っているようです。場所もコストもかかるため小さめの蒸留所では独自のクーパレッジを抱えるというのは難しいと聞きますが、自分たちが納得いくような品質の高い樽を造り続けるためには必要との判断でしょう。

アイルランドではスコットランドに比べてシングルモルトは総じて高額な傾向にありますが、こちらはハンドボトルでも値段が控えめな方ということもあり、それなりに売れ行きは良いようです。無くなったら入れ替わりで概ね10年前後のものが準備されるので、時期によって樽の種類が違いそうです。ダブリンを訪れるウイスキー関連の方は多いので、モルトBarなどではもしかしたらバーテンダーの方が現地で買ってきたボトルがある、なんてことがあるかもしれません。見かけたら是非試して見て下さい。

オールドプルトニー 11年 2005-2017 蒸留所限定

DSC04316

Old Pulteney 11yo 2005-2017 (OB, Hand Bottling at the Distillery, Bourbon Cask#372, 61%)

香りはやや若く乳酸系飲料のフレーバー、バニラ、塩バターに少しガーリックが効いた香ばしさ、青リンゴ、奥に白桃が潜む。

味わいは力強く広がる青リンゴの酸味、バター、ややフローラルな軽快なニュアンス、ミドルからシュークリームの甘さ、ピスタチオ、フィニッシュにかけてローストしたカシューナッツ、とリンゴの酸味が残る。

【Good/Very Good】

プルトニー蒸留所の現地で手に入るハンドボトル、いわゆるヴァリンチです。今年の4月下旬に訪れた方が購入してきたものをテイスティングする機会を頂きました。プルトニーラヴァーとしてはとても嬉しいです。

11年熟成と比較的若く、香り味ともにやや若さが主体となったフレーバーではありますが、マイナスな印象は特に無く、それ以外の要素も含めて全体的にバランスが良いバーボンカスクのモルトです。もう少し熟成すると、オレンジやマンダリンというような徐々に重さのある柑橘系フレーバーに推移していくのですが、ちょうどその途中経過をたどることができ、熟成の最中のものをテイスティングできたという感じでとても良い経験になりました。

「ピートは若さを救う」のスローガン(?)にあるように、アイラのように短熟でもピートが効いたものは総じて「飲める」印象があります。しかし、正統派のバーボンカスクで若いながらもここまで仕上がったものはなかなか珍しいのではないでしょうか。プルトニー蒸留所のオフィシャルのシングルカスクは90年代から鉄板の仕上がりでしたが、2000年代に入ってもそのクオリティは揺るぎないものであることが確信できたボトルでした。

スコットランドの北の果てにあるプルトニー蒸留所。毎回行く度に違う樽が用意されているのですが、どれも大変素晴らしい出来栄えで、北の地をわざわざ訪れたビジターに良いものを提供しようという気概は大変嬉しいものです。それがまだまだ変わらずにいてくれることに嬉しさを感じます。

DSC04317

Sさん、貴重な現地のボトル、ありがとうございました!

グレンロセス 27年 1989-2016 ケイデンヘッド “CASK ENDS” シリーズ

dsc01477

dsc01478

Glenrothes 27yo 1989-2016 (Cadenhead “CASK ENDS”, Cask#15/212-3 Bourbon Barrel, 53.1%)

香りはハチミツ、やや重めでオイリー、バタースコッチ、熟したリンゴ、アンズ、レザー、メンソールのような樹木のスッキリした香り。

味わいはメロン、バナナ、酸味のあるサクランボ、ややオイリー、ウイキョウのような爽やかなハーブ感、少し塩気と磯のニュアンス、熟した柿、鼻抜けからの香木感と、少し樹の苦味が残るフィニッシュ。

加水するとややビターなチョコレート様が香り立つ。味わいは特に際立つ所なくスムーズに伸びるが、あまり特徴は無い。

【Good/Very Good】

ケイデンヘッドの CASK ENDS シリーズから1989年のグレンロセス。
ラベルが消えかかっているのは、一緒に運んでいて割れてしまったボトルの被害のためです……。

27年という長熟レンジではありますが、熟成感はかなり中庸で未熟でも過熟でもありません。味も割りとプレーンで、前出のグレンリベットと似た系統の味で、素直な良いバーボンバレルが熟成するとこういう味だよね、という模範的な回答のようでした。強いて言えば、リベットが19年に対してこちらは27年、ややオイリーなニュアンスなどから熟成感によって香味に重厚さが混じりはじめていることが比較できました。

 

dsc00349

CASK ENDS シリーズはまだまだ他にも候補がありましたが、現地で試飲した中でピンときたものを選んで持ち帰ってきました。今回紹介したもの以外にも、オルトモアやアラン、ブルイックラディやモートラック etc…、実に様々な蒸留所の樽がありました。会社で考えれば大資本のディアジオから独立資本まで揃っており、ケイデンヘッドのコネクションとその実績がなせるわざといえるでしょう。

スコットランドでは一般的なこうした樽の売買や交換は、一方ではスコットランド独特ではないでしょうか。少なくとも日本ではこうした原酒のやりとりはありませんよね。多様性の確保、競合他社でも時には手を取り合う。よくよく考えると、不思議でもあり、でもやはり素晴らしいもの。今後も様々なウイスキーを育てていってほしいです。

 
このツアーに関してはモルト仲間のRさんGさんに幾つかの情報を頂き、不明なところは体当たりで進んでみましたが、結果的に運良く参加までこぎつけることができました。お二方には本当に感謝です。

 

グレンリベット 19年 1996-2016 ケイデンヘッド “CASK ENDS”シリーズ

dsc01475

dsc01476

Glenlivet 19yo 1996-2016 (Cadenhead “CASK ENDS”, Cask#906682 Bourbon Barrel, 52.1%)

香りは酸味のあるリンゴ、プラム、バタースコッチ、透明感のあるハチミツ、香水のよう、フレッシュな樹木の香り。

味わいはりんご飴、バタークッキー、ヘザーハニー、ミドルからアルコールのパンチと共に樹の香り、嫌味のないバーボンカスクの樽感、香木のニュアンスもある、鼻抜けにバラのような花の香りが漂いフィニッシュまで続く。

加水するとキャラメルのような甘やかな香りがよく立ち、味わいもキャラメルとハチミツ様が良く出てくる。スッキリとまとまっておりバランス良く伸びる。

【Good/Very Good】

ケイデンヘッドの CASK ENDS シリーズから1996年のグレンリベット。

決して未熟感は無く、しかし一方でフレッシュなリンゴや樹木の香りが生き生きとして美味しいモルトです。味はプレーンで、素直な良いバーボンバレルが熟成するとこういう味、という教科書通りのようでした

加水するとまとまりよく伸びてくれて、カスクストレングスでの少し刺々しいところが収まってくれました。ロックは試していませんが、夏場にはそれもありでしょう。

dsc00378

実際の樽はこちらなのですが、ドロナックで詰められたリベットがスプリングバンクの熟成庫にある、という良く分からない経緯のものです。「なんで樽詰めがドロナックなの?」と訊いたのですが、担当者も “I don’t know, HaHaHa!!” としか答えてくれませんでした(笑) まあ、毎日たくさんの原酒が樽に詰められ生まれていくわけですから、全部が全部分かるわけじゃないですが……。

という不思議な面白さもあってこの樽も購入してきました。改めて考えてみても、この樽の素性はとても興味深いですね。

 

ボウモア 16年 2000-2016 ケイデンヘッド “CASK ENDS” シリーズ

dsc01120

dsc01121

Bowmore 16yo 2000-2016 (Cadenhead “CASK ENDS”, Cask#800246 Bourbon Hogshead, 54.2%)

香りはパイナップル、オレンジ、じっとりとしたピート、やや塩気、少しクレヨンのような油脂、獣脂、微かにミーティなニュアンス。

味わいは軽くトロピカル系で、グァバ、パッションフルーツ、グレープフルーツ(イメージはピンク)、ミドルから焦がしたパン、ハイプルーフらしいピリピリとした刺激、鼻抜けはメロンからやや瓜系のニュアンス、全体を支えるピートの苦味と塩の味、メロン系と塩味が交じり合うフィニッシュ。

【Very Good】

ケイデンヘッドの CASK ENDS シリーズから2000年のボウモアです。

香りはやや落ち着いていて華やかさはないもののトップにパイナップルのようなフルーツ感があり、期待できると思いながら飲むとトロピカル要素も感じられる良い内容です。凄い強いわけではありませんが、グァバやパッションフルーツ系の酸味もあるようなトロピカル。ミドルからはメロンの甘さと野菜の白い瓜のちょうど中間あたりの味があり、このあたりは人によって捉え方が変わりそうです。そこに塩気のある味わいもあわさって、生ハムメロンのようなニュアンスもあるのが面白い。

非常に多彩な味わいで飲んでいて飽きない、かなり良いボウモアだという印象でした。

 

アイラモルトはその人気からか、売り手側も結構な強気の値段設定をしてくるため90年代や2000年頃のものもかなり高額なボトルが増えています。ちょうど良い飲み頃に差し掛かっている原酒が値段のために買えないというのは残念なのですが、このボトル、というかケイデンヘッドは割と良心的な価格設定で良い樽を詰めてきてくれています。このボトルは前述の通りCASK ENDSシリーズの特別ツアーで樽から直接購入するものでしたが、それ以外にもスモールバッチシリーズの黒ケイデンから2000年近辺蒸留のボウモアが50~70ポンドほどで3種類ほどラインナップされていました。

ケイデンヘッドの熟成庫を見る限り、同様の樽はまだまだあるように見受けられましたので、日本にもいずれ入荷があると思います。2000年以降でも安くても美味しいボトルはあるものだと(特に最近は)感じることが多くなってきたため、当たりを求めて試してみる価値はありそうです。

キャパドニック 20年 1996-2016 ケイデンヘッド “CASK ENDS” シリーズ

dsc09769

dsc09770

Caperdonich 20yo 1996-2016 (Cadenhead “CASK ENDS”, Cask#13/452-1 Hogshead-Sherry HogsHead 3 years, 48.9%)

香りは甘い蜜、ポリッシュした家具、イチゴ、白桃、洋ナシ、清涼感のあるハーブ、トーンは高い、軽さのある穀物感、軽さを感じるオークの木樽、微かにチョコレートのニュアンス。

味わいは透明感のある蜂蜜、噛みごたえのあるイチゴジャム、徐々に少し刺々しいシェリー樽感が出てくる、ミドルからは少しオイリー、かき氷のイチゴミルクシロップ、トフィー、フィニッシュにかけて樽材の木のニュアンスと濃い目のミルク感が残る。

【Very Good】

CASK ENDS シリーズは、キャンベルタウンにあるスプリングバンク蒸留所内の貯蔵庫にある樽から直接詰めたものです。ボトラーのケイデンヘッドならではですね。2016年のスコットランド旅行で購入したものです。

dsc00380

サンプルテイスティングの様子。スプリングバンク蒸留所のウェアハウスにて。

 

このキャパドニックは17年をホグスヘッドで、その後3年間は別のホグスヘッドサイズのシェリー樽で寝かせたものです。フィニッシュというには長い期間ですが、思ったよりもシェリー樽感は強くはありませんでした。

特に香りが良く、アンティーク家具のような高級感のある樹木系の香りに、フルーツ感も乗っていて良いニュアンスが出ています。スワリングするのが楽しく、また1杯を楽しむ間にも時間変化で結構変わっていくようで面白さがあります。

加水すると特にアンティークっぽさとフルーツ感が良く出て香りが素晴らしくなり、味わいもジャムのような甘さが強くなる一方で刺々しいシェリー感はなりを潜めました。これは加水がかなり良いですね。

こんな風に良い樽をセレクトできたら、樽選びとしては幸せでしょうね。

この他にもウェアハウス内には様々な樽が並んでいましたが、大半は番号しか振られておらず、蒸留所など詳細は調べないと分からない状態でした。そのためか、テイスティング可能なリストに載っていても探すのが大変だったりして、試したい樽を探すのに10分くらい倉庫内をうろうろしたり、ということもありました(笑)

dsc00381

左側の樽のように、番号しか振られていないものもありました。詳細不明。

 

蒸留所の一般ツアーに飽きてきたり、特別な経験を求めるのであれば、是非こういったスペシャルなツアーに参加されることをお勧めします。個人で樽を買うようなことは今はできなさそうですが、樽から直接ボトルを購入したり、といった機会はいろいろとあります。