カテゴリー別アーカイブ: ブラインドテイスティング

[ブラインド] ディーンストン 21年 1997-2018 The Maltman

昨年の内容ですが、久しぶりにブラインドをやる機会がありましたので、その記録です。

香りは生クリーム仕立てのミルクココア、レーズン、ミルクチョコレート、木の樽の清涼感、湿った苔のニュアンス。

味わいはやや強めのタッチで、麦の旨味、バター系のオイリーさ、プルーン、塩バターとレーズン、ローストしたカシューナッツ、全体的にトゲがなく落ち着いた穏やかさを伴う味わい。

シェリー樽の味わいが、近年系にありがちな強さ刺々しさを感じさせないまろやかさがある。樽の素性が良さそう。オイリーさとややブリニーなニュアンスから、北ハイランドを思い描く。バルブレアやダルモアあたりだろうか。シェリー樽というとダルモアを思い出す。

度数:52度前後
熟成年数:20年前後
地域:北ハイランド
樽構成:シェリー樽

という回答内容でしたが、正解はこちら。

Deanston 21yo 1997-2018 (MeadowSide Blending “The Maltman”, Oloroso Sherry But, Cask#577, 55.6%)

ひとつ前のブラインドと同じ系列、メドゥサイド社の The Maltman からディーンストンの21年でした。ハイランドとしては合ってますが、北と南で全然離れてしまっているのが残念なところ。ほかは大体合っていましたが、思ったよりも度数が高かったですね。

飲んだ感じで、昔のようなシェリー樽の味わいではないものの、近年の、例えばハイランドパークやマッカランにあったようなシェリー樽のニュアンスとは異なるやや綺麗めなシェリー樽なところが好印象。オイリーなところからスペイサイド系ではなくハイランドを想起しました。その後はちょっと違う方向に行ってしまったのは上記の通り。通常、南ハイランドをあまり好んで飲んでいないのもあって、経験がまだまだ足りないと感じました。

全体的に華やかさには一歩引けを取る一方で、独特のもったりとした腰の座った味わいは結構好印象でした。ディーンストンは、それこそちょうど今年2019年に訪れていましたが、バーボン樽のものばかりでシェリー樽のボトルが置かれているのは見なかった気がします。近年の小ざっぱりしたバーボン樽の構成とは異なる太い味わいで、ボトラーズらしい仕事をした一本を見た気がします。

[ブラインド]インヴァーゴードン 30年 1987-2018 The Grainman

昨年の内容ですが、久しぶりにブラインドをやる機会がありましたので、その記録です。

香りはリンゴ飴、シナモン、カルダモン、スパイスの香りが染み込んだコンポート、若干のオールド感を伴う。

味わいは優しくまろやかなタッチで、熟したリンゴ、カラメル系の甘み、ブドウのニュアンス、ミドルからざわりとした植物感は樽の由来か、軽めのコーヒーのような苦味が残るが余韻は短い。

甘やかな香り立ちにスパイスのニュアンスが良く出ている。飲み口の柔らかさとカラメル系の甘さから、オールドボトルのブレンデッドを想起。しかし、味わいに麦のコクが感じられない。フルーツ感から思い描かれるのはコニャックのオールドボトル。熟成年数は長そうだが、あまり経験が無い方面のため25年手前くらいのように感じた。

度数:40度
熟成年数:20年前後
地域:ブランデー
樽構成:様々な種類のヴァッテッド

という回答内容でしたが、正解はこちら。

Invergordon 30yo 1987-2018 (MeadowSide Blending “The Grainman”, Sherry Butt #31200, 45.6%)

The Maltmanブランドでおなじみメドゥサイド社がリリースする、モルトではなくグレーンでした。その名もThe Grainman。

もう完全にやらかした、というか、迷走っぷりが自分でもよくわかる内容でした。出題者のイメージに引っ張られた感もあるのですが……。良くないですね。

インバーゴードン蒸留所はダルモアで有名なホワイト&マッカイ社が擁するグレーン蒸留所で、地理的にもダルモアから5km程度と近い場所にあります。生産量で言うと、ディアジオのキャメロンブリッジや、ウィリアム・グラントのガーヴァンよりもだいぶ少なくなるのですが、それでも年間 36 Mega Litle (Pure Alcohol) と大きな生産量を誇る蒸留所です。

味わいは上記の通りで、モルトとは明らかに異なる味わいながら大きくはずれていないように思えるところが凄い不思議で、濃厚なシェリーバット(ただしサルファや近年シェリーにありがちな粒状感が無い)から来ると思われるカラメル系のニュアンスが、オールドボトルのジョニ黒にあるようなカラメルっぽさと捉えてしまいました。ブレンデッドを思い描いたのは、そりゃ確かにグレーン使われていますから、ね。

しかしどうもモルトではないのでは、と思ってしまってからは思考がフランスの方へ。コニャックだとして、プロプリエテールというよりはやや大衆的なネゴシアンの方面のものだろうか……なんて方向に流れてしまいました。

長熟のグレーンというのは初めて飲みましたが、こういう味わいなのか、と。そして、自分がブレンデッドのどのあたりをグレーンとして、またどのあたりをオールドボトルのニュアンスとしてと捉えているか、いうことが良くわかりました。結構見当違いな部分があったな、と感じています。

味わい的にはグレーンについて一般的に言われているように、確かに余韻が短い傾向にはあるものの、割と好みの味わいでした。それこそ現行の若いモルトとは一線を画す円熟さとまったりと甘い味わいは、オールドボトルの柔らかい味わいに近いものがあると感じています。が、それならばオールドのブレンデッドでも良いのでは、と思ってしまうところもあり、評価としては悩ましいですね。

兎にも角にも大変勉強になる一本。やはりこういうのはブラインドだからこそ気づく点も多いと感じました。

[ブラインド] ロングモーン 1973-2015 G&M

つづいてもうひとつのブラインド出題を。

DSC09524.jpg

【ブラインドB】

香りはレーズン、いちじく、かすかに乾いたピート、ヨード感はあまりない、オレンジオイル、湿った布、微かにナッツのような香ばしさがある。

味わいは染み込むような麦感とオレンジマーマレード、サルタナレーズン、ミドルから徐々にパワフルさが出てきて、ナフタレンやナッツのようなオイリー感が少し、後半に軽めのピートと煙が締めてくる、じわりと刺激が残るオレンジと煙の混在したフィニッシュ。

【Good/Very Good】

オレンジ感と後半の落ちついたスモーキーさが印象的。シェリー樽のニュアンスがあるもののそこまで強くはなく、バーボン樽6割+シェリー樽4割くらいのヴァッティングだろうか。シェリー樽のニュアンスが近年系とは少し異なる気がする。往年の素晴らしいシェリー樽に近い方向だが、なにか少しニュアンスが違うような。なんだろうこれ。

味は、感動的とはいかないまでも、落ち着いていて親しみやすい。優しいアタックで良質のシェリー感と下支えするピート感の複雑さが好印象。リラックスした雰囲気でゆるゆると飲みつづけていたいタイプ。

こなれた感じはオフィシャルのややオールド寄りか。アイラではない軽めのピート系という方向性で絞り込んでみた。

蒸留年:1980年代前半
熟成年数:18年程度
度数:46~48%
樽:バーボン樽とシェリー樽のヴァッティング
蒸留所:①ハイランドパーク ②スプリングバンク ③グレンギリー

という回答に対して正解はこちら。

SRf-kskb

ロングモーン Longmorn 1973-2015 G&M 43%

G&Mのロングモーン、1970年代前半のボトルでした。

こちらも盛大に外していますね。当たっている部分が見当たらない……。

出題者のGさんいわく、「少しサルファーが出ていてあんまり期待した味わいではなかった」ということですが、確かにちょっとシェリー樽の味わいが微妙な感じです。いわゆる「G&Mらしいシェリー樽」の味わいとは一致しないんですね。なので、自分も1970年代ではなくもう少し後かな、という回答になったのでした。

2012年くらいまでは、このラベルと似た感じでG&Mからたくさんのロングモーンが出ていたのですが、どれも評価はかなり高かったと思いました。当時はこれが普通、くらいの意見が多かったのかもしれませんが、今となっては……というのが最近のお約束。

さて、ブラインドAの回答もそうなのですが、熟成年数が全然答えられていないですね。なんか最近、熟成感というのがよくわからなくなってきました。アルコール感と若さでなんとか答えを出してしまっている感じで、一定以上の熟成となると全然認識できていない感じ。どの部分を熟成ととらえるのかをちゃんとチェックしないとダメですね。

 

[ブラインド] グレンオード 30年 オフィシャルボトル

久々にブラインドのチャレンジを頂いたので、やってみました。

DSC09524.jpg

【ブラインドA】

香りは熟したリンゴ、ピーナッツ、洋ナシ、こなれた麦感とハチミツ様、濡れた布のニュアンス、少しセメダイン。

味わいは強いアルコールの刺激的なアタック、洋ナシ、青みがかった瓜のニュアンス、ガムシロップ、甘じょっぱいキャラメル、白ぶどう、突き刺さるようなアルコール感にヒリつくフィニッシュ。

加水するとやや若いアルコール感とシナモン様が目立つ。味わいは少しチョコレート様が混じるが、基本的にドライな樽感が浮ついている。

【Okay】

やや若さも感じる、樽の味付けがあまりないプレーンな酒。もしかしたらリフィルのシェリーということもあるかもしれないが、3rd Fill以降だと思われる。若さ由来の香味と、樽感もやや生木っぽさがありうまくまとまっていない感覚。

10年前後と思いたいが、最近のリリースでは15年前後でもこのような香味になることがあるため悩ましい。甘じょっぱい味わいからは北ハイランド系を意識する。あまり多層的でない直線的な味わいはシングルカスクと推測。ボトラーズものだろうか。

蒸留年:2000年代後半
熟成年数:10年程度
度数:55%前後
樽:バーボン樽
蒸留所:①クライヌリッシュ ②プルトニー ③バルブレア
という回答に対して正解はこちら。

VhPntRRf

グレンオード Glen Ord 30年 オフィシャルボトル 58.7%

回答頂いて、自分でも驚きましたよ、えぇ(苦笑)

とりあえずスペック的なお話をすると、グレンオード30年は2005年頃に出まわっていたボトルで、逆算すると1975年前後の蒸留の原酒ということになります。今回のブラインドの回答では、度数と地方については概ね当たっていて、特に回答では③にバルブレアと書く前にオードと書いていたのでちょっと残念な。まあそれ以前に熟成年数が全く当たっていないわけですが。

なんでしょうね、酸味のある香味とハイプルーフなアタックで完全にイメージが引っ張られた感があります。10年くらいのハイプルーフなシングルカスクのオードなんて、最近リリースあったかな? と思って、比較的リリースが多かったバルブレアを入れたのでした。

それにしても、ちょっとこれはショッキングというか……。なんかいろいろと申し訳ないのですが、自分の飾らない評価は上記の通りということですね(笑)

ここ最近、「往年の麦感があるモルト」(漠然としてますが)が味わえないかと考えていて、そのイメージの最初に挙がったのがこのオードでした。あとは、カーデュとかノッカンドゥあたりがイメージ先行ですが候補に挙がっていました。

そこにちょうどこのオードがやってきて、ブラインドで飲んでみるとなんだか自分には合わない味わいという結果に。結論として、昔のモルトが(自分にとっては)常に美味しいとは限らない、ということを見せつけてくれたわけでした。

現行品でも良いボトルあるのでそっちを探せ、ってことですかね……。

とにもかくにも、良い経験になりました。
Gさん、感謝です!

トマーティン 19年 1977-1997 ソサエティ 11.9

DSC02269

Tomatin 19yo 1977-1997 (SMWS, Cask No. 11.9, 54.4%)

香りはカスタードクリーム、キャラメル、やや紙っぽいニュアンス、ヒノキかクスノキのような木香、少しメロンのようなフルーツ感があるが控えめ。

味わいは薄めのヘザーハニー、とかしたキャラメル、緑の草、青みのあるイチゴ、樹木のエグミのニュアンス、鼻抜けはケミカルなフルーツ感、風邪薬のシロップ、もっさりとしたリンゴのフレーバーとケミカル感が残るフィニッシュ。

【Good/Very Good】

ソサエティの11番はトマーティン。かなり昔のボトリングで、ソサエティのラベルもかなり古びた印象がありますね。ボトリング後20年が経過していますが、オールド香のようなものは特に感じませんでした。

 

DSC02270

ボトルに書かれた一言コメントを見ると、なんと “Peaches, peaches…and more peaches”。ピーチ! ピーチ! ピーチ!! なんていうコメントが近年でもどこかで書かれていた記憶がありますが、20年前にも同じコメントがあったとは……(笑) 面白いですね。

しかしこのボトルからはあまり桃のニュアンスは取れませんでした。どちらかというとアタックに顕著な植物感の印象が強く、ミドルからのフルーツ感は植物感と混じってやや青いイチゴのようなニュアンスではないかと。人口甘味料的な、どことなく作為的な甘さは1976トマーティンにも通じるところがあると感じたものの、この1つ前に飲んだキンコー向け1976ベンリアック2ndに比べると、さらに桃やフルーツ感は薄めでした。

このあたりは、もしかしたらボトリング後の経年で飛んでしまったのかもしれません。もし本当に桃感満載ということであれば、昔からトマーティンにはその手のフレーバーが備わっていたということでしょうし、76ヴィンテージだけではないのでしょう。90年台トマーティンにも桃感がよく出ているものもあるということで、今後も76に匹敵するボトルが出てくるかもしれません。楽しみですね。

 

 

スペイモルト フロム マッカラン 1968-2009

DSC02278.jpg

SPEYMALT from Macallan 1968 (G&M, Bottled in 2009, 43%)

香りはオレンジ、パイナップル、レーズンなど多彩なフルーツ感、クローブ、ナッツ、素朴なビスケット、ココアパウダー、アーモンドチョコのニュアンス。

味わいは酸味が強めのレモン、グレープフルーツなどの柑橘類、カスタードクリーム、レモンケーキ、ミドルからオークらしい収斂味、鼻抜けにクローブとカルダモンなどのスパイス、柑橘の酸味と木の皮のニュアンスが残るフィニッシュ。

【Good/Very Good】

GMがリリースするマッカラン。その1968ヴィンテージという、ちょっと経験が無い世界でしたが、飲んだ第一印象は「随分と酸味があるな」というものでした。

マッカランといえばやはりシェリーカスクで、しかもこのあたりの年代であれば心地よいレーズンやチョコレートのようなシェリーカスクの味わいを想像したのですが、実際には上記の通り。先入観で「こんな味がするはずだ」という思い込みを、良い意味で裏切られました。

G&Mのこのボトルもシングルカスクではないと思われますが、味わい的にはシェリーカスクではなくバーボンカスク主体のヴァッティングでしょうか。シェリーカスクにこだわるマッカランではありますが、バーボンカスクを使っていないわけではありませんし、そのなかでもかなりの量がG&Mにはあったということでしょう。

継続的にリリースされているスペイモルト・フロム・マッカランですが、味わいに統一性はあるのでしょうか。あまり飲んだことのないシリーズなので、ちょっと気になってきました。マッカランとしてではなく、先入観無く飲めばいろいろと発見があるのかもしれません。

山崎蒸留所 1991-2008 オーナーズカスク 1S70430

DSC02276

Yamazaki 1991-2008 (OB “The Owner’s Cask”, Cask# 1S70430 Sherry Butt)

香りは強めのレーズン、カカオ、ビターチョコレート、少し酸味のあるプラム、ローストコーヒー、枯木のニュアンス。

味わいはザラザラとしたタッチで強めのチョコレート、マンダリンのような酸味のあるコーヒー、ドライプルーン、鼻抜けはスパイス感が強くクローブ、スターアニスの甘い香り、カカオの苦味と濃厚なチョコレート、レーズンのヒントが残るフィニッシュ。

【Very Good】

山崎オーナーズカスクのシリーズから、こちらはビックカメラで売られていたものだそうです。シェリーカスクの山崎は、近年様々な賞を取ったことで有名になりましたが、このボトルも同様の味わいで濃厚なシェリーカスク由来の香味がふんだんに漂うボトル。

強めの樽感なのに不思議とギスギスした嫌味は少ない。特に鉛筆の芯やクレヨン、出汁醤油といったオフフレーバーに振れることも少なく、サントリーのカスク・マネジメントのレベルの高さを感じます。

 

樽を買う。モルトラヴァーにとってはまさにひとつの夢ではないでしょうか。山崎オーナーズカスクは2004年に始まり、様々な原酒の樽を一般向けにリリースした、国内では画期的なものでした。ちなみに当時のプレスリリースには「世界でも初」となっていますが、スプリングバンク蒸留所などはその前から普通に樽を売っていたようですし、初ではないと思いますが……。

それはさておき、2010年には残念ながら終了。その間に100を超える樽が一般の個人や団体に流れ、様々にリリースされていました。流石に気合が入っていたためか、どれも品質はかなりのもの。シェリーカスクだけでなくバーボンカスクも良質のものが多いようです。

今となっては羨ましいですよね。安いものでは50万円ほどからあったそうですから、頑張れば買えないこともなかったわけで。一方で、今では新興のクラフトディスティラリーで樽買いのチャンスがあります。カスク・オーナーの夢はそちらで実現するのも良いのではないでしょうか。

 

DSC02277