カテゴリー別アーカイブ: 写真

ウィスキー写真作品展企画 への参加について

DSC07751

先日ご紹介した、T.Ishiharaさん企画の ウィスキー写真作品展企画”Why do you like Whisk(e)y?”。

企画者のT.Ishiharaさんからオファーがあり、こちらの企画内で自分も写真展示の一部を担当させて頂くことになりました。

 

9f42c52e-283c-4ddc-855a-921b9e616745

ウィスキー写真作品展企画”Why do you like Whisk(e)y?”

 

 

3部構成で考えられている企画のうち、第一部「ウィスキーを取り巻く世界」のAppendix的な位置づけを考えています。

これまで、スコッチウイスキーが好きで、スコットランドには何回も足を運びました。理由としてはシンプルで、「その蒸留所がどんな場所にあるのか?」ということを知りたかったのです。同じスコットランドでもいろいろな味わいがあって、その違いはどこから生まれてくるんだろうか、というのが疑問でした。

そして、様々なスコットランドの風景に触れて写真や動画などを撮っていくうちに、今度はそれを伝えたくなってきました。蒸留所がどんな場所にあって、まわりの風景とか近くの町とか、そういう環境面全体をまるまる捉えて、もし自分みたいに興味がある人がいたら伝えたかった。自分が写真や動画を撮ってアップしているのは、改めて考えてみると、そんな単純な理由からでした。

今回の企画は自分の目的にも合致していますし、一度自分の写真を大きめのサイズで展示してみたいという思いもありましたので参加させて頂くこととなりました。2018年12月の展示に向けてこれから準備を進めてまいります。微力ながらお手伝いをさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

広告

プルトニー蒸留所

dsc06096

街中にあり、大きなキルンも無いため目立ちにくいプルトニー蒸留所。

しかし、ビジターセンターは小さいながらもしっかりとした造り。北の果てまでわざわざ足を運んだ訪問客を丁寧に迎えてくれました。

ポットスティルの輝き

dsc01900

鈍く黄金色に輝く銅の釜。

この中では、まだ人知の及ばない不思議が起きている。

科学の発展した現代においても、これは魔法の釜のようだ。

 

グレンドロナック蒸留所にて。

 

 

ウイスキーキャット タウザー

dsc02445

ご存知、ウイスキーキャット・タウザー。

24年間生きたそうで、この像がいつ頃の姿かは分かりませんが、風格があります。さしずめ、蒸留所を裏で仕切っていたバロネスといったところでしょうか。

グレンタレット蒸留所にて。