カテゴリー別アーカイブ: 蒸留所訪問

軽井沢蒸留所 最後の一般公開

tumblr_inline_nwtwx8zspz1so1izs_540
軽井沢蒸留所へ行ってきました。

2012年に閉鎖された軽井沢蒸留所の、機材搬出前の最後の一般公開が10/25にありました。今まで訪れたことが無かったので、折角の機会ならばということで行ってきました。最初で最後の軽井沢蒸留所の訪問です。

 

tumblr_inline_nwtwxxcGzS1so1izs_540.jpg
メルシャンの美術館跡地と並んで建てられていた蒸留所の佇まいは、軽井沢という別荘地にとてもマッチした外観でした。元の建物自体はコンクリート製の無骨なものだったのかもしれませんが、建物全体を覆う蔦のおかげである種の異国情緒を感じさせます。これが石積みの建物であったのならば、間違いなくスコットランドの光景だっただろうと。

蔦の絡まる外観で真っ先に思い出したのは、ブレア・アソール蒸留所でした。かの蒸留所も、古き善き観光地にあり明媚な建屋が印象的でしたが、軽井沢蒸留所も負けず劣らず。周囲の紅葉も良い雰囲気を出していました。

 

tumblr_inline_nwtx6q0Zvl1so1izs_540.jpg
既に稼働が止まって3年、発酵槽は腐り貯蔵庫はがらんどう。事務室も含めて比較的綺麗ではありますが、廃墟となりつつある侘びしさがいたるところに漂っていました。

 

tumblr_inline_nwtx7a3OvE1so1izs_540.jpg
稼働が止まっているおかげで、普段は見れないような場所までどこでも見れました。モルトミルのレバーを撫で、古いコンピュータのキーを押し、ポットスチル裏側から中を覗き込むなど、普段では経験できないようなものばかりでした。

 

tumblr_inline_nwtx896yGY1so1izs_540.jpg

傷みが激しい機材は仕方がないですが、一部の設備はガイアフローの静岡蒸留所に引き継がれるそうですね。今後のウイスキー事業にどのように引き継がれていくのか、将来が楽しみではありますが、軽井沢蒸留所の跡地はどうなってしまうのかが気になりました。町役場の新庁舎が建つとのことなのですが、現在の建物自体は取り壊されてしまうのでしょうか。あの外観は良いと思っただけに、なんとかウェアハウスだけでも残したりできないかな、などと思ったのでした。

 

tumblr_inline_nwtx95nvXn1so1izs_540.jpg

ウイスキーミュージアム

九州旅行の途中で、行ってみたい場所がありました。

tumblr_inline_ns2g7jTW2M1so1izs_540.jpg大分は日田にあるウイスキーミュージアム。

ウイスキーのボトルも多いですが、それ以上に関連するグッズ、ポスターやコースター、人形などの置物、什器、食器など、ウイスキーに関連するあらゆるものがコレクションされています。こういう博物館は珍しい、というか世界でもここしかないそうです。

館長は中学生の頃からウイスキーの格好良さに憧れ、様々なグッズを集めるようになったそうです。以来30年以上にわたってのコレクションがところ狭しと並べられていました。

 

tumblr_inline_ns2g8a2xbM1so1izs_500.jpg
中央にドーンと鎮座する、余市蒸留所の最初期のポットスチル。ジョニーのおっさんの大きな人形などが目を引きますが、細かいものも本当に興味深いものばかりでした。

 

tumblr_inline_ns2g8v7yai1so1izs_500
それにしても、よくぞここまで集めたものですね…。館長ともいろいろお話をさせてもらって、本当にウイスキー好き、コレクション好きなんだなあ、というのがよく分かりました。

まだまだ秘蔵のものがたくさんあるそうです。次に訪れる時にも楽しみにできそうです。

キリン富士御殿場蒸留所

自転車でキリンの富士御殿場蒸留所まで行ってきました。

tumblr_inline_ne0uz7palo1so1izs.jpg

そういえば一番近い蒸留所なのに行ったことなかったな、と。折角近場なのだから行ってみよう、蒸留所見学は事前に予約となっていたけれどとりあえず外観だけでも見てみようか、という考えでということで突発的にGo。

ルートは、ひたすらR246を下っていくことに。このR246ルート、ちょっとした発見がありました。こちらは別途まとめるとして、とりあえず何も問題なく2.5時間ほどで御殿場蒸留所に到着。

蒸留所見学をお願いしたら、1名なら大丈夫だったようで何とか受け付けてもらえました。感謝!

 

tumblr_inline_ne0uzwkcwG1so1izs.jpg

見学コースは、1)プロジェクションマッピングによるムービー -> 2)コース見学(発酵~蒸留、樽熟、ボトリング工程) -> 3)試飲 といったお決まりのパターンで60分ほど。結構しっかりとした説明もあり、ムービーもよく作ってあって、見学に力入れているのが分かるな、といった印象でした。

そう、(1)のムービーなのですが、これが凄かったというかちょっとした発見でした。今回一番前に座ったのですが、大画面の迫力というのを久しぶりに堪能した気がします。映画館ともちょっと違う気がするのは、恐らくかなりの横長な画面のおかげで、視界に収まりきらないくらいの範囲に映像が流れているんですね。そのためか、映像への没入感が凄くて、自然の風景とかだとその中に入り込んで居るんじゃないか、と本当に思えてくるようで、ちょっとした感動がありました。ムービー自体は、ちょっと演出がクサい(笑) ところもありましたが、でも良い出来だったと思います。

 

tumblr_inline_ne0v0liAig1so1izs.jpg

さて、試飲はアルコールNGなのでジュースをもらい、販売所を眺めてみると、蒸留所限定のボトルや、シングルグレーン27年シングルカスクなどがありました。シングルカスクはお値段凄かったな……。試飲でも値段が凄いことになってました。

その後もふらふらと寄り道しながら帰宅。御殿場周辺は、幹線道路以外は車通りも多くなくて良いですね。アップダウンがそれなりにあるので、あっちこっち寄り道するのは少し大変ですが。

もう一つ面白かったのが、「アバディーンスタジオ」という名前のギャラリーを見かけたと思ったら、そのうち「カット&ヘアー アバフェルディ」という店があって、次は何が出るんだ流れ的にアベラワーか? とかとか。蒸留所もあるし、ミニチュア版スコットランド目指していたり……まさかね。