月別アーカイブ: 2016年7月

グレンカダム 13年 1974-1988 インタートレード

DSC07849

GlenCadam 13yo 1974-1988 (GM Intertrade Import, 61.1%)

香りはナチュラルで強い、蜂蜜、バナナクリーム、プレーンで透明感のある甘味、乾いた木、ブナのような広葉樹のニュアンス。

味わいはプレーンな麦の旨さ、蜂蜜、バナナ、濃厚なクリームブリュレ、少し植物のニュアンス、ミネラル感とホワイトペッパーのような優しいスパイシーさが後を引くフィニッシュ。

【Good/Very Good】

GMのイタリアはインタートレード社向け、通称イントレのグレンカダム13年です。

ハイプルーフで13年という比較的若いボトルですが、ボトリングから30年近く経ったためか荒々しさは大分落ち着いており飲み口はかなり優しい方に入ると思いました。プレーンで中庸な麦の旨さが印象的で、バナナやややオイリーなクリームのニュアンスもあって、全体的にはまったりとした印象を受けました。

一方で、経年によるオールド感はさほど感じられず。この辺りはハイプルーフゆえか、保管状態が良かったためか。ラベルにも汚れなどは見られませんし、良い場所に置かれていたのではないかと思います。

シンプルながら美味い昔のボトルでした。持ち寄り頂いたGさん、いつも渋いチョイスをありがとうございます。

広告

バルヴェニー TUN1401 バッチNo.4

DSC07857

Balvenie TUN 1401 Batch No.4 (OB 2012 bottled, 50.4%)

香りは高貴、アプリコットジャム、マーマレード、甘さの強いリンゴ、煮だした紅茶、おがくず、少し藁灰のニュアンス。

味わいはリンゴ、アプリコットジャム、遅れて黒糖、噛みごたえのある麦の旨味、少し松脂のニュアンス、鼻抜けにもアプリコットやマンダリンのフルーツ感、染みこむタンニンとフルーツ感満載のフィニッシュ。

【Very Good/Excellent】

免税店向けでリリースされていた、バルヴェニーのTUN 1401。全部で9種類のリリースがありましたが、そのうちのNo.4です。

シェリーカスク由来と思われるアプリコットやマーマレードのフルーツ感が、ノージングにも味わいにもしっかりと存在していて多彩で素晴らしく、紅茶のニュアンスもミドルでしっかりと引き締めてくれます。原酒の幅広さ故か、多層的な味の広がりはシングルカスクではなかなか出てこないものだと言えるでしょう。

芯はしっかりしていて骨太でフルボディ、でも様々な方向に広がりがあってとにかく懐の広い、そんなボトルでした。これは本当に美味しかったです。

免税店向け(トラベル・リテール)ボトルについては、WhiskyMagazineにも記事がありましたが、ここ10年ほどの市場拡大は目を瞠るものがあるようです。昔からそういったボトルは存在していたようですが、大半がブレンデッドだったのでしょう。しかしここにきてシングルモルトのブームから各蒸留所とも力を入れ、このTUN1401がリリースされていた2011~2012頃は免税店向けでも黄金期だったのかもしれません。TUN1401はどれも美味しいと聞いていますし、No.1~4あたりは特に美味しいということでした。(これまではNo.3だけ飲んだことがありました)

ここ最近は原酒不足からか、免税店でもNASばかりになってきた感もあり、通常の市場と同じような方向を歩んでしまっているのが残念ですが、まだまだ美味しい市場であるのでしょう。どこも専門の販売員で空港内を歩く人に勧めてまわっているのが良く目に入ります。

願わくば、こんなボトルがまた出てきて欲しいものですね。

持ち寄り頂いたKさん、ありがとうございました!

DSC07858

ティーニニック 23年 UDレアモルト

DSC07853

Teaninch 23yo 1973 (UD Rare Malts, 57.1%)

香りはプレーンな麦、シナモン、ハッカ、ミント、ホワイトペッパーのニュアンス、少し木のニュアンスが残る。

味わいはハイトーンな麦感、青リンゴ、レモン風味、べっこう飴、鼻抜けに香り同様のシナモンとハッカ、後半はピリピリとホワイトペッパーなどのスパイス感、少しツンツンした刺激的なフィニッシュ。

【Good/Very Good】

ほぼオフィシャルと考えても良い、UDレアモルトのティーニニック 1973年蒸留ボトル。

UDレアモルトというとこの味、というハイトーンでプレーンな麦のニュアンスは健在で、そこにティーニニックらしいシナモンなどの独特のスパイス感の爽やかなニュアンスが乗っています。流石にハイプルーフだからか、ピリピリと刺激的な要素もありますが、ボトリングからかなり経っていることもあり、そこまで強い刺激ではありませんでした。

ベタつかないプレーンさやハイトーンな味わいは夏向きともいえるモルトですね。

それにしても、UDレアモルトはどれも味の傾向が似ているのですが、これは本当に不思議なものです。複数樽をヴァッティングしていると思いますので、樽選びだけでは同じ傾向にはならないでしょう。となると、ヴァッティング後に原酒を留めておくマリッジ用の樽あるいはタンクのようなところが、このような味を出すための装置になっているのでは、などと想像しています。

ティーニニックも含め、UDレアモルトで出てきた蒸留所はほとんど原酒工場のようなもので、シングルモルトに力を入れている蒸留所とは全くの別世界です。ある意味工業製品のように思えなくもないのですが、しかしやはり樽で熟成させ出来上がるボトルは、自然が育んだ素晴らしい世界を内包しているのだなあ、などと感慨にふけってしまいました。

 

アバフェルディ 25年 2003年ボトリング

DSC07848

Aberfeldy 25yo (OB +/- 2003 bottled, 700ml, 40%)

香りは蜂蜜、バニラ、レモンバーム、おしろい粉、少し干し草のニュアンス、微かに炭のニュアンス。

味わいは優しく流れるような蜂蜜、少し薄めのバニラクリーム、豊かな麦の味わい、鼻抜けに白い花を思わせるフローラル感、少し紅茶とややミネラル感のあるフィニッシュ。

【Good/Very Good】

アバフェルディのオフィシャルボトル25年、少し前の2003年頃に詰められたボトルです。

全体的に線が細いながらも良い熟成感と豊かな麦の甘さ、花のニュアンスが好印象です。そしてアバフェルディらしいとも言える流れるような蜂蜜は健在で、個人的にはこれがハウススタイルだろうと思えるニュアンスがしっかりと乗っていました。

2003年から逆算して1970年代後半の蒸留ということになりますが、ここ最近の12年や21年にも共通の味わいがあるところから考えると、ブレが少ない、良い品質をしっかりと守り続けている、ということなのでしょうね。

 

アバフェルディ蒸留所は、ブレンデッド・ウイスキー「デュワーズ」のキーモルト。結構な大資本で蒸留所はかなり大きい方に入ります。ビジターセンターは広々としていてツアーもかなり多くの回数がありますし、ビデオ上映ブースやカフェなども併設されていたりと、エンターテイメント性も追求しています。メインの街道からは少し外れますが、そういう立地などからイメージとしては白州蒸溜所に近いようにも思えました。味の方向は全然違いますけれども(笑)

こちらは持ち寄り会でのMさんのご持参、ありがとうございました!

ラガヴーリン16年 現行品と90年代流通ボトルの比較テイスティング

先日の持ち寄り会では様々なラガヴーリンが持ち寄られてプチ200周年記念会の様子だったのですが、知人がスタンダードの16年の現行ボトルと90年代流通ボトルを同時に持ってきてくれました。なかなか飲む機会がなかった旧ボトルのラガヴーリン、しかも現行との比較ができるとは貴重な経験です。

ちなみにボトルの違いはラベルの紋章の違いから分かります。

DSC07782

現行ボトルはワンポイントが三角形の帆船

 

 

DSC07780

旧ボトルはワンポイントが紋章

 

 

色合いの違い

DSC07779

簡単な比較になってしまい申し訳ないです。

あまり違いはありませんが、左の旧ボトルの方がやや色が濃くなっていました。

 

味の違い

飲み比べてみて結構違うな、という部分を書き出しみると、

  • 現行 : やや薄く若い、フレッシュな柑橘、荒々しさ、ピート感強め、色々と粗いがまとまりはある
  • 旧  : カラメル系の甘さ、松ヤニ、ミント、海苔、ピート感控えめ、麦の旨味、少し植物感

 

これは面白い比較結果となりました。

まず、核の部分である島もののピート感や麦の旨味、やや上品なニュアンスは共通しているのですが、そこから上に乗っかっている部分は随分と方向性が違うと思いました。

  • 現行 : フレッシュな柑橘と荒々しさ、ピート感強め
  • 旧  : カラメル系の甘さとオイリーさ、ピート感弱め

といった感じです。

 

特に面白かったのが、色合いの濃さから旧ボトルの方がシェリーカスクが多めなのかと思いましたが、どうも飲んでみるとこれはカラメルなのではないかということ。昔のものならばカラメル着色は当たり前のようにやっていたと思いますし、ラガヴーリンも例外ではなかったと推測しています。

勿論、旧ボトルの方が時間が経っていますから、経年による瓶内変化などもあるでしょう。ピート感の差異などはこの辺りが大きいような気もしています。詰めた当時の状態と現行を比較してみたいですが、さすがにそれは叶わぬ夢ですね。

 

どちらが美味いか?

で、どちらが美味いかというと、これはもうその人の好みの問題でしか無いと思います。個人的には現行品の方が、ラガヴーリンに求めている味に近いと思いました。旧ボトルの方がややオイリーさと甘さがくどく、海苔のようなニュアンスでのっぺりしている印象だったためです。

こうしてみると、旧ボトルだから絶対的に美味いかというと、一概にそうとは言い切れないところがありますね。現行のボトルもしっかりと美味しいということも再確認できましたし、現行ボトルを買って経年で顰蹙させてみるのも面白そうです。

 

ラガヴーリンの記念の年に貴重な比較ができました。Mさん、ありがとうございました!

ラガヴーリン 18年 アイラフェス2016限定ボトル

DSC07775
Lagavulin 18yo (OB for FEIS ISLE 2016, 49.5%)

香りは濃厚なマンダリン、グレープフルーツなどの柑橘のジャム、燻製したの魚介の旨そうなスモーキーさ、磯を思わせるじっとりとしたピート、ホワイトペッパー、割と若い木のニュアンス。

味わいは優しくさらっと流れるアタックから、マンデリン、ドライアプリコットなどのオレンジ色の果実、こってりとした麦の旨味、プレーンな樽の味わいも強く出ている、しっとりとしたオレンジケーキ、フィニッシュにかけてはさらっと流れ長くはない、ほんの微かにマンゴーか桃のようなニュアンスが残る。

【Very Good/Excellent】

今年2016年に200周年記念を迎えるラガブーリンが、5月のアイラフェスでリリースした18年ボトル。

アイラフェスの記念ボトルはどれも気合いが入ったものと聞いていますが、今回のラガブーリンは200周年ということで更に気合いを入れてきた模様で、このボトルも相当に美味いものでした。

味の傾向はラガブーリンのイメージから外れては居ないのですが、その内容がすべて高次元でまとまっているような素晴らしいヴァッティング。濃厚なフルーツと島もののピート、スモーキーさとエレガントさを兼ね備えていて、まさに「アイラの巨人」と言えるでしょう。

度数と18年という年数から考えるとかなり熟成感を感じる内容で、25年と言っても差し支えないのでは、というくらい。ギスギスときつすぎたりせず、かといってボディはしっかりしていて飲みごたえがある。度数的にはこれ以上ないくらいの良いポイントで攻めてきたな、という印象でした。

正直、前評判と限定品というバイアスが掛かってしまっている感は否めませんが、それくらい手放しで賞賛できるような内容でした。
本当に貴重なボトルを持ち寄って頂きましてありがとうございました!

 

DSC07777

サントリー ブレンデッド ウイスキー 「洛山」 リカーマウンテン25周年記念ボトル

DSC07788

Suntory Blended Whisky “Rakuzan” 25yo (OB +/- 2015, 700ml, 43%)

香りはまさにミズナラ香、ジャパニーズらしいオリエンタル、香木、流れる糖蜜、乾いた麦の穂、アプリコットジャム、青りんご、イチゴなど多彩なフルーツ。
味わいはイチゴ、マンダリン、ミドルからややオイリーさがあり、コンデンスミルク、ココナッツオイルへと続く、リッチ、ほどよい紅茶感のタンニンの渋み、微かに硫黄のニュアンス、フィニッシュにかけてもリッチで多彩なフルーツと紅茶のニュアンスが長く続く。

【Excellent】

リカーマウンテンが25周年記念で発売した、サントリーのブレンデッド・ウイスキー「洛山」。
25年以上の原酒のみを使用したブレンデッド・ウイスキーで、昨今の山崎のお値段ということもあり、このボトル自体のお値段も相当に良いものでしたが、その内容は価格に見あう出来のものだと思いました。

内容は上記の通り、とても良く香るミズナラ香、あるいは「らしい」ジャパニーズの香りがふんだんにあり、最初のノージングでとりあえず笑ってしまうほどの力強さ。そして飲んでみてもブレンデッドらしく多層的で様々な原酒のニュアンスを拾うことができ、飽きることが全くありません。

イメージとしては日本家屋のよう。上品な和室にシンプルな床の間、仏壇も置いてありそうで、品の良いご婦人が正座でお座りになっていらっしゃる。変な例えですが(笑) 確かにそんなイメージを持てそうなモルトでした。

 

ミズナラ原酒については仲間内では度々話題になっていますが、それ単体はなく様々な原酒とのブレンドでこそ、その力を発揮すると考えています。ミズナラ原酒単体では割りとスカスカというか、香りは良いのですが飲みごたえが無く面白い部分が少ないのですが、それを補うため、あるいはブレンデッドに素晴らしい香りを与えるトップ・ドレッシングとしての機能が強いと感じます。

今回のブレンデッドもミズナラはともかく、その他に使われた原酒も恐らく山崎のバーボンカスク、パンチョン、シェリーカスクも少しあるでしょう。そしてグレーンももちろん最上のものと思われます。こういった複雑さが、飲んだ時の満足感に繋がっているのでしょうね。

そういえば、この手のハイエンドなサントリー・ブレンデッドは結局あまり続かなかったですね。ビックカメラ、信濃屋、キンコー、そしてこちらのリカーマウンテン、くらいでしょうか。流石に値段が値段ですし、なかなか交渉も難しいのかもしれませんね。

本当に貴重なボトルを持ち寄って頂けました。素晴らしい経験をありがとうございました!