カーデュ12年 特級表記 1980年代流通ボトル

安定した味わい、素朴な麦感のモルトでした。

Cardhu 12yo (OB bottled in 1980s, 75cl, 43%)

香りはやや酸味を伴う麦感、トースト、ナフタレン、松ヤニ、透明感のあるハチミツとオレンジ、なめした革のニュアンス。

味わいは優しくベルベットのような口当たりで、ハチミツ、トースト、オレンジの皮、微かにリンゴのコンポート感、しっとりと染み込むクルミのオイリーさ、穏やかに短く消えるフィニッシュ。

【Good/Very Good】

カーデュのスタンダードボトルである12年の、1980年代に流通していたボトル。ラベルにはウイスキー特級の記載があります。

基本的に麦感主体で、フルーツ感もあるのだが儚げで強さはありません。スペイサイドの割にはフルーティさや華やかさをそこまで感じない、やや無骨な佇まいが特徴的でしょうか。麦の美味しさをふんだんに感じられるモルトです。

香りの時点で、どことなくオールドボトルのジョニ黒との共通項が見え隠れするあたりは、流石にカーデュらしいというか。ジョニーウォーカーのキーモルトとしての役割がメインの蒸留所ですが、その座はしっかりとした品質があってこそのもの。シングルモルトとしても当然安定の美味しさといえるわけで、もう少し知名度が上がってもおかしくはないと思うのですが、今ひとつ表舞台には登ってこない感があります。

こちらは先日アップした旧ボトルのダルウィニーとともに、往年の麦感たっぷりのモルトを味わいたいと思いながら、これならどうだと思ってゲットしたボトルです。結果的にはこのカーデュも期待通り。いい具合に麦麦しいボトルでした。

現行12年もあまり味は変わっていないと思いますが、そういえばここ数年飲んだ記憶が無いので、今度どこかで試してみたいですね。

広告

ダルウィニー15年 1980年代流通ボトル

優しい優しい、染み込むような味わいでした。

Dalwhinnie 15yo (OB +/- 1980s, 75cl, 43%)

香りは乾いた干し草、少し酸味のある麦芽香、トーストとレモンピール、微かに白い花を思わせるニュアンスがある。

味わいは優しい、麦の甘さ、溶かしたミルキー、コーヒーフレッシュ、少しオイリー、オレンジジャムとビスケットのような返り香、微かにコルクの味が付いているか。

【Good/Very Good】

ダルウィニー15年の旧ボトル。1980年台の流通ボトルです。ラベルが今のものとは少し違いますね。

とても柔らかい味わいは経年によるものもあるでしょうが、ラベルにも書かれている “The Gentle Spirit” の通り、ダルウィニーの素の味わいはとても穏やかなもの。そして、ややミルキーな味わいがさらに優しさを一段と押しているようです。エドラダワーがインスタントコーヒーなら、こちらはコーヒーフレッシュか、といった香味でした。決して高級感があるわけではないのですが、素朴で優しい味わいです。

評価としては、あまりにもスタンダードすぎて驚くような味わいではないので【Good】止まりではあるのですが、よくよく味わってみるとなかなかの良さもあり、幅をもたせる意味で【Good/Very Good】としています。特に、最近自分が求めていた方向性にマッチしているため、ちょっと加点しました。

どんな酒もそうですが、シチュエーション次第ですね。

今回、ダルウィニーを買ってみようと思ったのは、「往年の麦感のある優しい味わい」を求めてのもの。その意味ではこれはかなりマッチしています。飲んでいて非常に心地いい、ひっかかりもなくアルコールの辛さもない。少し物足りなさはあるかもしれませんが、今の自分にはこれくらいがちょうど良い。

さて、ダルウィニー15年については先日記事にした TWD での現行オフィシャルスタンダードの会でも「現行の」ダルウィニー15年をテイスティングしました。メンバの評価はかなり高く、自分も普通に美味しいと思う味わいでした。

そして今回の旧ボトルですが、正直に言うと、どちらもほとんど変わらないです。経年の変化やボディの膨らみ方に違いはあるものの、ここまで一貫性があるというのも驚きでした。

ディアジオのスタンダードボトルはサードフィルやフォースフィルの使い古された樽で熟成を行っていて、ダルウィニー以外にもオーバンやラガヴーリンなど、樽の味は最小限のプレーンな味わいが特徴だと思います。それが良い方向性に働いているのでしょう、昔からのハウススタイルが現代でもしっかりと引き継がれています。

というわけで、現行のダルウィニー15年、おすすめです。

あれ、今回取り上げた旧ボトルの立場がなくなってきたような……。

オフィシャルスタンダードのテイスティング会

先日は、有志のモルト好きが集まるThw Whisky Divers(TWD)でのテイスティング会。今回はオフィシャルスタンダードクラスのボトルに焦点を当てて掘り下げてみようという企画でした。

各メンバーが推しの一本について、ボトルや蒸留所の素性をプレゼンしながら皆でテイスティングしていくというスタイル。

今回のラインナップは、アイラや島モノは除外という前提を置いたところ、

  • ロイヤルブラックラ12年
  • ダルウィニー15年
  • オーバン14年
  • エドラダワー10年
  • グレンモーレンジ10年
  • グレンカダム10年
  • グレンフィディック12年

といったラインナップで、正直なところマイナーというか影が薄い蒸留所が多い。しかしこのチョイスこそ、改めて魅力を感じてもらいたいという各人の想いが透けて見えます。

評価の結果的には予想通り、いや、予想外なのですが、それを予感していたというか、とにかく議論と評価の過程はとても濃いものになり、充実した会となりました。

今回、改めてオフィシャルのスタンダードボトルを飲んでみると、そのクオリティの高さには本当に驚かされました。10年前にはそこまでではなかった印象がありましたが、本当に近年のオフィシャルボトルは良い出来が多く、ラベルチェンジして良くなったものもあります。一概に「昔が良かった」なんて言えない、というのが率直な感想。

勿論、自分(たち)の味覚が変わって来ているというのもあるかもしれませんが、7人がそれぞれにに「こういうところが良いよね」と、ある程度一致した結論を持ったのはそれなりに信頼できるところと言っても良いのではないかと。

というわけで、上記のボトルたちを中心に、オフィシャルのスタンダードレンジは美味しくてオススメできるものが多いです。まあ、そうではないボトル(ここには挙がっていない)もあったりするんですが……。いろいろと飲み比べてみると新しい発見がありますし、飲み方でもかなり印象は変わるので、自分の好みのところを探しながら飲んでいくと面白いですね。

ダンカンテイラー ブラックブル 10年 ラムカスクフィニッシュ

ラム樽とウイスキーは良い相棒同士だと思うのです。

BLACKBULL 10yo Finished in EX-RUM CASKS (Duncan Taylor, Blended Whisky, 50%)

香りは熟したリンゴにシナモン、カルダモン、まだ青みがかかっているパパイヤ、フルーツ感は多彩、少しセージのようなハーブ感、奥に乳酸菌飲料のニュアンス。

味わいは優しいタッチでシャキッとしたリンゴ、和三盆的なさらりとした甘さ、クローブとカルダモンを効かせたリンゴのコンポート、微かにパッションフルーツ、ホワイトペッパーとリンゴのニュアンスがサラリと終わるフィニッシュ。

【Good/Very Good】

ダンカンテイラーのブレンデッド・ウイスキーの銘柄のひとつで、なかなかに息の長いのがブラックブル。ラベルがちょっとイケてないためか人気が今ひとつという印象ですが、中身は割と良いことが多いあたりはさすがのダンカンテイラーといったところでしょうか。以前は30年や40年といったボトルがかなりリーズナブルな値段でリリースされていたのですが、最近はあまりそういったボトルは見かけなくなりました。

と思っていたところに、久しぶりに新しいブラックブルのボトルを見かけたので試してみたわけですが、これはなかなか良いブレンデッドです。ラムカスクはフィニッシュとして使われているようですが、南国系のフルーツのフレーバーや、やや青みがかったハーブや果物のニュアンスなど、ラムカスク由来と思しきフレーバーがいい具合にマッチしています。

メーカーコメントほどにはトロピカル感は無いな、という印象ではありますが、それなりにしっかりとした多彩なフルーツ感にひっかかりの無い飲みやすさはかなり好印象で、値段を考えればかなり良いコストパフォーマンスだと思います。

50%の割には飲みごたえが軽めなことと、もう少し味わいに深みがあれば……と思ってしまうのはないものねだりでしょうか。15年か20年熟成のラムカスクフィニッシュを是非、と思ってしまいました。

個人的に、ラムカスクというのはウイスキーの樽の中ではバーボン、シェリーに続いて相性が良い樽なのではないかという印象です。近年のシェリーカスクに比べたらラムカスクの方が上まわってきそうなくらい好みのものが多いです。一時期はOMCのラフロイグやオフィシャルのバルヴェニー、最近ではスプリングバンクがラムカスクのものをリリースしていて、どれもかなり良い味だったと記憶しています。アイルランドのティーリングも、ラムカスクのシングルカスクはかなり好印象でした。

あまり一般的ではないのは扱いが難しいからなのかもしれませんが、ラムカスクのリリースは今後も注目していきたいです。

ベンネヴィス 22年 1996-2018 BB&R ロイヤルマイル・ウイスキー向け

独特のトロピカル感をまとったベンネヴィスでした。

Ben Nevis 22yo 1996-2018 (BB&R fro Royal Mile Whiskies, Cask#1196, 53.8%)

香りはワクシー、ただれた果実、油絵の具、ピーナッツ、熟成したチーズ、たまごボーロ、バジルのニュアンス。

味わいは度数の割には落ち着いたアタックで、むせ返るようなココナッツミルク、完熟パパイヤ、パッションフルーツ、ミドルからフリスクの清涼感と甘さ、じりじりとホワイトペッパー、クミンのような香辛料、ホワイトペッパーとトロピカルフルーツが混ざり合うフィニッシュ。

【Very Good/Interesting】

スコットランドはエディンバラの酒店、ロイヤルマイルウイスキーがボトリングしたベンネヴィス。信濃屋バイヤーのA氏が、現地で勧められて購入したという一本をテイスティングさせて頂きました。

香りはややオイリーでナッツ類の香りの裏に、過熟気味の果実感が見え隠れする、ちょっと不思議なニュアンスを感じさせるものの印象的ではなかったのですが、口に含んでみると驚くようなココナッツ・フレーバー。続いてかなり濃厚な南国フルーツはかなりの好印象でした。エキゾチックな香辛料のフレーバーもあり、ココナッツ感とあわさって、まるで辛くないタイカレーを楽しんでいるような、面白い組み合わせでした。

ベンネヴィスの原酒は昔から何かと不思議なフレーバーを出すことが多い印象で、昔のボトルはその珍味系のニュアンスが好ましくないものが多かったのですが、ここ最近はそれが良い方向に振れているものが多いように思います。ボトラーズからもシングルカスクが数多くリリースされていて、樽の個性ゆえの博打要素も多いのですが、総じてレベルは高くなってきているように思いますし、他の蒸留所にはなかなか見られない個性もあります。

確かにこれは良いボトルですね。ロイヤルマイルが自信をもってリリースしたというのも納得できます。これが手頃な値段で手に入るなら、かなり欲しいと思わされる一本でした。

Aさん、貴重なボトルを試させて頂きましてありがとうございました。

パティソン事件

ウイスキーの歴史を紐解けば、そこには良いも悪いも含めて様々な歴史が存在するものですが、スキャンダルの中でも特に酷いものがいくつかあります。今回はそのなかのひとつ、19世紀末に起きた「パティソン事件」についてまとめてみたいと思います。

パティソン事件とは

直接的には、Pattisons Whisky – パティソン・ウイスキー という銘柄のブレンデッドウイスキーを販売していたパティソン社が倒産し、芋づる式にウイスキー関連の会社が10社ほど、加えて多くの小規模会社が倒産していった、という事件です。

倒産の原因は様々な要素が絡むものの、パティソン社の不正会計とウイスキー業界のブームの終焉によってパティソン社が倒産となり、その結果、ウイスキー需要を長期間冷え込ませてしまう冬の時代の先鞭となった、というところがこの事件の肝となる部分かと思います。

それでは、パティソンの歴史を少し見てみましょう。


続きを読む

富士御殿場 10年 2000-2010 シングルカスク ウイスキー

良い意味でジャパニーズらしくない、富士御殿場のモルト。

Fuji-Gotemba 10yo 2000-2010 (Single Cask Whisky, Cask#M000794, 49%)

香りは白ブドウ、リンゴ、マスカット、良いフルーツ感、ハチミツ、少し紅茶や火薬の残り香、微かにキャベツのような野菜と溶剤のニュアンス。

味わいはやや硬さもある口当たりで、白ぶどう、リンゴ、それも芯に近い少し苦味、やや強めの樽感、ミドルから溶剤、ハーブ類、サラッとした和三盆と少し溶剤系の香りが残るフィニッシュ。

【Good/Very Good】

キリンの富士御殿場蒸留所というと、通常の銘柄としては「富士山麓」ほぼ一択、どちらかというとモルトよりも質の高いグレーンを推している印象もあり、他のジャパニーズウイスキーとも一線を画している印象があります。基本的にモルトとグレーンを混ぜたブレンデッド・ウイスキーがリリースの主体ということで、あまりシングルモルト、シングルカスクなどのリリースは聞かないのですが、過去には蒸留所限定でこれらのリリースが度々あったようです。(現在は原酒不足の影響もありほぼ無いかと……最近行ってないですが。)

こちらは先月のウイスキー写真展の際に、T.Ishiharaさんが提供していたボトルです。あの場でもなかなかの人気だったようですが、自分も頂いてみると、確かにこれは美味いシングルカスクです。

典型的なバーボン樽の要素ではあるものの、総じてバランス良くまとまっていて、香りも味も嫌なところを感じさせない、優等生的な仕上がり。香りのハチミツと、チャーによるものか火薬ようなニュアンスが心地良い。

飲んでも華やかさがあり、ブラインドで出されたらきっとスペイサイドの中熟、例えばオルトモアの20年くらいのボトルとか答えそうです。

ネットで情報を拾っているとかなり幅広いラインナップがあったようで、その香味もまた幅広く良いものから微妙なものまで、まさにシングルカスクらしい博打的個性的な香味にあふれていたようです。どちらかというと蒸留所限定のグレーンの方が安定して美味しいボトルが多かったようなので、なおさらモルトを選ぶ理由が少なかったりもするのですが、どちらにしても今となっては夢の跡、といった話ですね。

富士御殿場蒸留所は多種多用なポットスチルがあり見学もオススメです