秩父ウイスキー祭に合わせて臨時特急が運行

2/18は秩父ウイスキー祭ですね。
そのウイスキー祭にあわせて、西武鉄道が臨時特急列車を3本(往路2本、復路1本)運行するそうです。

池袋~西武秩父間で臨時特急が運行 秩父ウイスキー祭にあわせて 西武鉄道

増発便は以下の通り。1ヶ月前から購入可能ということで、既に発売中です。

【往路】
池袋 9時00分発 ~ 西武秩父 10時24分着
池袋 10時00分発 ~ 西武秩父 11時33分着

【復路】
西武秩父 16時00分発 ~ 池袋 17時40分着

もちろん、従来のダイヤ運行でも特急はありますので、それらを利用するのも手です。
池袋~西武秩父間は、特急以外だとかなり時間がかかってしまうので、特急を利用する方がストレスもなく便利だと思います。特に帰りの電車では、みなさん酔いも疲れもあるでしょうから。

既に秩父ウイスキー祭の入場チケットは完売してしまっているので、これから参加を検討というのは無理なわけですが、参加される方は利用してみてはいかがでしょうか。今回の実績次第では、来年も期待できると思いますのでぜひ。

ちなみに、特急列車は「あしがくぼの氷柱」の最寄り駅である「芦ヶ久保駅」にも停車します。秩父といえば「あしがくぼの氷柱」や「三十槌の氷柱」など、冬場ならではの見どころがあります。

DSC00002.jpg

3年前の三十槌の氷柱。このときは暖冬であまり大きくありませんでした。

ここ数年は気温が高めであまり氷柱が育っていなかったようですが、今年は気温が低く氷柱も見応えがある出来栄えになっていると聞きました。絶好のチャンスですね。昼間も結構なものですが、夜はライトアップがありますので、ウイスキー祭りの前後や、前泊なども視野にいれて秩父の名所巡りなどもあわせて考えてみてはいかがでしょうか。

 

広告

キルホーマンの10年熟成シングルカスク

2005年に蒸留所が設立されたキルホーマン蒸留所。気づいてみればいつの間にか12年の歳月が流れていたわけですが、そういえばと思っていた10年熟成のボトルが幾つかリリースされています。現在、割とお手軽に買えそうなのは、Whisky Exchange 向けのシングルカスク10年、シェリー樽での熟成のボトルがあります。

bottle-aa

Image via WhiskyExchange

他にも、キルホーマンのファンクラブ向けのリリースなどがあるようですし、今後はもっと増えてきそうです。

3年ものなどがリリースされた当初の盛り上がりからは少し熱が落ち着いてきて、その後もリリースは5年程度の熟成が中心にバラエティに飛んだ内容でした。マキヤーベイ(MACHIR BAY)、サナイグ(SANAIG)、ロッホゴルム(LOCH GORM)など、樽の種類が異なる内容で差別化しています。

個人的には8年、10年、12年……というスタンダードな進め方を期待していたのですが、それだと目新しさが無いからでしょう。新興の蒸留所ではこういうリリース方法が多いですね。

秩父蒸留所のような、毎年1つはオフィシャルの新作をリリースしつつも、シングルカスクなどで様々なリリースを行うのが定番になってきている気がします。アラン蒸留所もシングルカスクを様々なボトラーズや団体に払い出していて、しかもその品質はかなり安定かつ比較的安価だったことからポピュラーな存在となりました。キルホーマンのシングルカスクはそこまで聞きませんが、海外だと一般的にリリースがあるのでしょうか。

創業当初はいろいろと大変だったようですが、それでも安定したリリースを続けていて現在ではアイラ島の蒸留所として自然に溶け込んでいるように思えます。2010年と2016年、それぞれ訪れたときも、アクセスが悪いにもかかわらず訪問客は結構な人数でした。タイミングが悪くて内部ツアーに参加したことは無いのですが……ほとんどの場所で鍵もかかっておらず、ほぼセルフツアーみたいに色々と見れてしまうくらいオープンな蒸留所だったりします。大丈夫なのかと心配になるくらいです。

DSC08693.jpg

フロアモルティング場も扉が開けっ放しでした

 

もうそろそろ12年物の話も出てくることでしょう。15年か20年くらいで節目のお祝いなんかもありそうです。原酒の品質も当初と比べるとかなり変わってきていると思いますし、その変遷を愉しむのも良いかもしれませんね。

オールド・プルトニー、2018年最初のニューリリース情報

私が一番好きな蒸留所であるオールド・プルトニー蒸留所から、2018年初のニューリリースの情報が出てきました。今回は3種類のボトルが、主に免税店向けとして発売されます。

OLD PULTENEY UNVEILS THREE NEW TRAVEL RETAIL EXCLUSIVE WHISKIES

old_pulteney_travel_retail_whisky_original

Image via Old Pulteney Whisky Blog

 

Old Pulteney Single Cask 2002 (number 717)

“Viking Line Cinderella Whisky Fair” という豪華客船上で行われる一風変わったウイスキーイベントがあるそうで、その10周年を記念して発売されるシングルカスク。船が出発するスウェーデン向けということで、スウェーデンの空港の免税店向けだそうです。

アメリカンオークのバーボンバレルで、58.2%のカスクストレングス。1299スウェーデン・クローナという値段は、おおよそ1.8万円というお値段のようです。典型的な造りのプルトニーらしい味わいのようですね。

 

Old Pulteney 1990 Vintage

2点目はプルトニーの1990年ヴィンテージ。同様にアメリカンオークのバーボン樽で熟成させた後、スパニッシュオークの樽に移し換えていますが、この樽は以前にヘビーピートものを熟成させており、リッチかつスパイシーさも付け加えられ複雑さが増す効果を狙ったもの。どの程度の期間で後熟扠せたかは分かりませんが、通常のプルトニーとは違う味わいが期待できそうです。

46%でナチュラルカスクストレングスということですが、本当でしょうか。288ポンドで世界中の免税向けにリリースされるようです。

 

Old Pulteney 2006 Vintage

最後は2006年ヴィンテージの11年熟成。こちらも46%のナチュラルカスクストレングスということで、うーん、多分加水だと思うのですが……その分値段は55ポンドと良心的です。シングルカスクではないと思いますので、通常の12年ものとどの程度味わいが異なるのかが気になります。

 

ここ最近は免税向けに様々なリリースを行っているプルトニーですが、以前は同系列のリリースとして1989年ヴィンテージや1990年ヴィンテージなどが日本にも入ってきていました。できれば通常品として日本の酒屋の店頭にも並んで欲しいものですが、あまり市場が大きくない日本では厳しいでしょうか。プルトニー好きで免税店に行かれる方は是非チェックしてみて下さい。

中国向け 旧正月祝いのマッカランギフトボックス

こんなリリースがあるんですね、というご紹介。

the_macallan_double_cask_chinese-new-year_pack_and_bottles-single-malt-scotch-1-2018-copy-768x768

MACALLAN DOUBLE CASK CHINESE NEW YEAR LIMITED EDITION GIFT BOX
マッカラン ダブルカスク チャイニーズニューイヤー限定版ギフトボックス

中国はいわゆる旧正月に新年のお祝いとなるので、それに向けたマッカランの限定ギフトボックスのようです。日本でもサントリーの干支ラベルは一定の人気があり毎年恒例となっていますが、マッカランもついに中国向けにこういう商品をリリースしてきました。まあ、市場の大きさを考えれば妥当な戦略かな、という印象。

個人的にはこのラベルデザインは好きです。綺麗な赤いグラデーション、マッカランのシグネチャであるゲストハウス「イースターエルチ」に向かって干支である戌が描かれている構図。金の縁取りなどは従来のマッカラン由来かもしれませんが、全体的に高級感がありますし、ネームバリューも手伝って中国でも受けが良いことでしょう。

DSC02264

ちなみに、ラベルにあるようにスペイサイド川を挟んでアベラワー側からイースターエルチを望むとこんな光景。森の奥にイースターエルチがちょっとだけ見えています。左手前の樹なんか、ラベルに描かれているものとちょっと形が似ているかな? という気がしてきました。

2本入りで$130という値段も妥当なところでしょうか。中国向けという割には何故かアメリカでも売られるそうですが、一部は日本にも入ってきたりするかもしれませんね。中国へ出張される方や、どこか空港の免税店で見かけるは見かけることはあるかもしれません。

ちなみに中身は通常のマッカラン・ダブルカスクなので既製品と違いはないということです。

ウイスキーとピクルス

N.Y はブルックリンで有名なピクルスメーカー、Brooklyn Brine の人気商品に「ウイスキー・ピクルス」というものがあるそうです。

紹介記事はこちら。

【Brooklyn Brine Co.】風味豊かな新ニューヨークスタイルピクルス 

ピクルス液のレシピに地元のウイスキーを使用しているとか。製造工程でアルコール分は飛んでしまうので、これを食べて酔うことはないそうですが、ウイスキーのフレーバーや樽のアロマが微かに薫るそう。

ウイスキーにピクルス?! と一瞬思いましたが、調べてみるとピクルスをつまみにウイスキーを飲んでいらっしゃる方も結構いるようで。自分もピクルスは好きなので単品では良く食べたりしますし、パブでビールを飲んだりするときにはよく注文します。

今度はウイスキーとも合わせて飲んでみようかと思います。

 

『ウイスキーの良さを知ってもらう本』がクラウドファンディング中です

5a44cc2d-e348-4832-b65e-181f0aba16f5

クラウドファンディングで『ウイスキーの良さを知ってもらう本』を制作するプロジェクトがスタートしています。ウイスキーラヴァーの皆さん、あなたも、ウイスキーの良さを広めるための本を一緒につくりませんか?

突然ですが、ウイスキーを飲むようになるためのハードルって、かなり高いと思います。

飲むきっかけのハードル、適切に飲むためのハードル、そして周りに一緒に飲める人がいるかどうかというハードル。改めて考えてみると、ウイスキーというお酒と長くつき合っていくために必要なハードルは本当に多いと思います。

最初のきっかけには、おそらく環境的なものが一番大きいのではないかと。親が家でウイスキーを飲んでいると、その姿を見た子供はウイスキーに自然と興味が湧くと思います。興味が湧くというか、ウイスキーというお酒があるのだなということをただ知るだけですが、その知ることこそが一番大きなハードルを取り去ってくれる。

自分の父親も家でウイスキーを飲んでいました。バーに行ったり高級な店に出入りするような人ではありませんでしたし、家で飲んでいるのも基本的にはサントリーのホワイトでシングルモルトとかそういうものはまったく知らないという人でした。随分と若い頃にバーテンダーになろうかと思っていたことがあったらしく、物置の奥にカクテル・レシピの本があったりもしましたが。父親のウイスキーを飲む姿を見ていたからこそ、ウイスキーというのは一気にガッとあおるものではなく、少しずつ時間をかけて愉しむものなんだな、というのが分かっていました。

自分がウイスキーにハマったのも、そんな父親に成人してからの誕生日プレゼントでスコッチを持っていって一緒に飲んでからなのですが、それはまた別のお話。

20歳そこそこのときに、若さに任せてビールと同じような勢いで日本酒やウイスキーを飲んでしまうと、本当に酷い酔い方になる。もしくは目上の人に飲まされたとかで、最悪倒れるようなことにもなります。そうなるとトラウマのようになって、そのお酒が飲めなくなってしまうんですね。悲しいことです。

楽しく、正しく飲むためには知識が必要なんですが、ウイスキーについてはそういうのを教えてくれる人も少なく、なかなか浸透していなかったりします。

そこでこのプロジェクト。中身はまだ見ていないので目次などからの推測ですが、飲み手が主体でまとめられた情報は、これらのハードルを解消してくれる一助になると思います。まだまだ固定観念がついてまわるウイスキーの世界を、もっと柔らかく、もっと身近に感じてもらうことができるのではないでしょうか。

他の人にレクチャーするなんていっても、あれこれ口うるさく語っても迷惑なだけですし、そんなときはこの一冊をスッと渡して「これ、読んでみてよ」なんていうのも良いのではないかと。

もっともっとウイスキー好きな人の輪が広がっていったら良いな、と思います。

遅れてきた年末年始のご挨拶

DSC09086.jpg

既にスタートして随分と経ってしまった2018年。遅ればせながら、本年もよろしくお願いいたします。

昨年の振り返りもしておりませんで。改めて考えてみると、5月にアイルランド、6月に長濱、9月に鹿児島の津貫、11月には台湾のカヴァランを訪問しました。色々な蒸留所を見てみたいという欲求がもたらした結果あちこち駆けめぐってみましたが、知人の協力などもあり有意義な時間を過ごすことができました。

テイスティングの方はやや控えめになってしまっていますが、その分読みもの的な記事を増やしていった方が(自分的に)面白いので、個人的趣味を発揮させてしまった1年でした。

さて2018年をどういう方向にするのか。今のところあんまり考えてはいません。情報の速報性についてはあまり追いかけられないので、ニュースサイト的な部分は他の方にお譲りするとして、ちょっと違う切り口でウイスキーに関する情報や魅力などをお伝えしていければと考えています。

ちょっと諸事情により(内臓の問題ではありません)暫くはアルコールが控えめな生活になるため、更新頻度がさらに落ちるかもしれませんが、引き続きお付き合いいただければ幸いです。